Life Goes Golden ☆

新日本プロレス好き主婦の妄想ファンブログ

ゴールデン☆ラヴァーズ 復活!ケニーの笑顔が全てを語る!

取り急ぎ!新日本プロレスHONOR RISING はゴールデン☆ラヴァーズ 復活が持ってった!!

 

 

 実況席はストーリーに沿ってか、BULLET CLUB 内のゴタゴタで複雑なケニーがHappyに見えないと言っていましたが…

f:id:jinseiwagolden:20180223214447p:plain

f:id:jinseiwagolden:20180223214542p:plain

f:id:jinseiwagolden:20180223214735p:plain

f:id:jinseiwagolden:20180223214844p:plain

引用元 : https://njpwworld.com/p/s_series_00469_1_1

入場時のこのケニーの笑顔が全て!去年のG1時に飯伏さんと決勝で闘うと信じて作ったコスチュームを再び着ての入場…解説していた岡本記者も感極まってましたね😂

それと、新しい入場曲だったということは…新日本プロレスで本格的にタッグとして出来る!って事でいいんですよね?? オトナの事情はナシでお願いします🙇‍♀️

今日はまだウォーミングアップって感じだったので、明日の2人だけのゴールデン☆ラヴァーズ に期待!(オーエンズ選手ごめんなさい🙏)

さらに公式Twitter からこんな嬉しい知らせが!!

 

 ケニーが日本語でコメント

!!!!!!

 

バックステージコメントでは、「改めてゴールデン☆ラヴァーズの再結成ということでよろしいですか?」との問いに、

飯伏「ゴールデン☆ラヴァーズ の再結成でいいです!ありがとうございます」

ケニー「(日本語で)そうね。そうです。それはもちろん終わらないです。」

…続く

(詳しくは新日本プロレススマホサイト で!)

 

明日バクステ動画上がるの期待してます!絶対見たい〜🙏🙏

 

 

今日HONOR RISINGでゴールデン☆ラヴァーズ 復活!ケニー・オメガに飯伏幸太がツイートで!?

今日から2連戦の新日本プロレスHONER RISING興行には棚橋弘至選手が出場しないので、今年はコレが見られないのね…と悲しくなった私です。

f:id:jinseiwagolden:20180223151305p:plain

引用元 : https://njpwworld.com/?waad=zFP4BN04&gclid=CKS2sMrZm9MCFc4AvAodPboFbg

 

ダルトン・キャッスル選手が大好きな私。お供のボーイズは今年は田口監督と北村選手あたりかな?楽しみです。

 

公式から今シリーズのオープニングVTRも出ました!

 

 ゴールデン☆ラヴァーズ 動画からこの場面を持ってくるあたりわかってらっしゃる。流石ですw

f:id:jinseiwagolden:20180223152318p:plain

 

昨日ケニー・オメガ選手は Twitterで、ゴールデン☆ラヴァーズ が2010年のプロレス大賞ベストバウト(東京スポーツ新聞社制定)を受賞した試合をコメント付きでリツイート

 

 

明日からこのすべてを見せていくよ、ってこと? じゃあ連携技は基本的に今まで通りなのかな。今日はオーエンズ選手も一緒だから、動画で見せた新しい技は明日お目見えでしょうか。

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

一方、飯伏幸太選手は今朝5時😓にツイートを投下。

 ハイハイ。最近見慣れて来たこのパターン。以前のブログにも詳しく書きました ↓

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

改めて今朝のツイートを私が妄想解説してみます😁

なぜ最初ケニーさんとさん付けなのか?2行目はケニーと呼び捨てですね。ここに何か心の動揺が表れていますね。猜疑心と甘えの両方が感じられます。

2行目はよくある手法。ゴールデン☆ラヴァーズ 再結成でMAXに高まる期待をまず少し鎮静化させる効果がありますね。と、同時にもし期待通りに行かなくてもケニーのせいだと責任転嫁出来る効果もあります。

つまり、「ケニー、もっと早く帰国しろ!」って事ですね!

そして3、4行目。これが主題です。

やってみなくちゃ分からないから考えてもしょうがない。楽しもう。

最後の行はまとめ。

みんな、応援してね!

 

…今回は素直な飯伏さんなのでした。笑

はい♪ もちろん全力応援!しますよ!!😆

 

 

 

いよいよHONOR RISING!同じコーナーに立つ飯伏幸太とケニー・オメガの立ち位置は??

朝、  Twitterを開いてみると新日本プロレス公式のこんなツイート画像が目に入り…

f:id:jinseiwagolden:20180222112038j:plain

https://twitter.com/njpw1972/status/964036717899427840

 

み、み、見逃したぁっ〜!!!😱

と真っ青になった私です。てっきりテレ東ではなく地方局だと勘違いしていました…

 棚橋選手もツイートしてくれてたのに〜!

 

テンションだだ下がりですが、気を取り直して…

さて、明日はいよいよ 新日本プロレス HONOR RISING ROH興行です!待ちに待ったアレ!が見られるのですよ!

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

そうなんです!飯伏幸太選手とケニー・オメガ選手がタッグを組み、3年振りに同じリングに立つんです!即ち、ゴールデン☆ラヴァーズ の復活です!

2日間の初日となる明日は…

チェーズ・オーエンズ、飯伏幸太ケニー・オメガ 組 vs マーティー・スカル、ハングマン・ペイジ、Cody 組 の 6人タッグマッチとなっています。

飯伏ケニーという名前を書いてるだけで緊張というか…何とも言えない気持ちになります。試合が始まったらヤバイです💦 

もちろん新日本プロレスワールドで生中継されますよ〜。出来れば実況は村田アナウンサー、解説はミラノさんと岡本記者希望。笑

 

対戦表を見て気付いたのは名前の順番。ケニーが最後なのですね…。という事は飯伏さんより格上の扱い。ヘビー級として復活するゴールデン☆ラヴァーズでは、2人の立場は逆転したと言っていいのでしょうね。飯伏さんはどう思っているのかな…?気になります。

飯伏さんは現在フリーで新日本プロレス所属ではないし生え抜きでもない。この3年ブランクもあった。それに対しケニーは新日本プロレスに所属、外国人レスラーで初めてG1クライマックスに優勝。絶対王者オカダさんとベストバウトを繰り広げ、IWGP USヘビー級王座も取った…序列が変わるのも無理はないです。

私の印象では、今回のゴールデン☆ラヴァーズの復活劇はケニー主導で、飯伏さんはケニーの言う通りに動いてるっていう感じなんですよね。だからタッグとしてどこまで2人でやっていくのかが未知数というか…。本格的に新日本プロレスのタッグ戦線に絡んで行くのかどうか?が気になるところです。

そこでこの記事に注目!

飯伏とケニーは唯一無二のパートナー同士であることは間違いない。その一方で「お互いに上に上がっていくライバル」と強く認識していることも事実だ。飯伏は「全く別のルートで成長してきたけど、新日本プロレスファンは『差がついた』みたいに思ってるかもしれない。結果的に新日本で結果を残せていないのは自分なんで。自分でやるべきことはあるし、そこは助けてもらうつもりもないです。ケニーに関係なく、自力で結果を残したい」と言い切った。

「タッグチームとしての野望はあるけど、どちらかというとシングル。次は自分がシングルで上がっていく。もちろんタッグ戦線でも間違いなく何か起こすというか起きるだろう、と。2018年は面白くなるなと思いますね」と、ケニーとの絆の復活を機に、改めてかぶとの緒を締めたゴールデンスター。新たな飛行準備は整った。

 引用元 : 東京スポーツ新聞社【新日本】飯伏がケニーとの「ゴールデン☆ラヴァーズ」再スタートへ意欲

  

自力で結果を残したい

次は自分がシングルで上がっていく

 

飯伏さんがこれほどまでに新日本プロレスでの野望を口にするのは珍しいのではないでしょうか。ケニーに追いつきたいと思う気持ちはとても強いのですね。

そして私が考える、飯伏さんがケニーに追いつく方法はただひとつ!

 

オカダカズチカに勝つ!

 

はいこれ一択です。つまりはIWGPヘビーのベルトを巻くこと。これはケニーも成し遂げてないんですよね。

所属じゃないのに無理でしょ!と言われるのは承知です。普通に考えたらそうですよね…。でも!私は信じてます。

 

「飯伏はもっと出来る!」 

 

by 棚橋弘至👌

 

 

 

 

ケニー・オメガとコアラの遭遇!エリート動画最新エピソードはオーストラリアから!

何気なく開いた オカダ・カズチカ選手の Instagramジェイ・ホワイト選手を見つけコーフン気味の私です。

instagram.com

わかります?左端。ジェイくんですよね?? 見てくださいこの肩の筋肉!レインメーカーがフィニッシュのオカダ選手より太い!!この写真撮るためにロッキー選手と3人で手繋ぎジャンプしてるのジワる〜笑。ていうかオカダさんとジェイくん、フツーに仲良しじゃないですか。CHAOS に加入した時の会見は何となく不穏な感じだったけど…

www.hochi.co.jp

 

凱旋当初はBULLET CLUB入りかと思われたジェイくんでしたが、裏切らずしばらくはCHAOSに定着ですかね?最近成長著しいウィル・オスプレイ選手もオカダ選手と練習する事で凄く勉強になると言ってましたからジェイくんにも大いに期待です!

 

さて本題。動画 Being The Elite の最新エピソードが更新されました!

 

youtu.be

 

おととい公開されてすでに視聴回数13万回、コメントも2,000を超える大人気の動画。通常日曜日の夜に更新されていたと思うのですが最近は前後しているかも。大体一週間に一回のペースで新エピソードがアップされます。ヤングバックスとケニー・オメガのユニット The Elite および BULLET CLUB を中心に、ROH新日本プロレスに参戦中の外国人レスラー達のお宝映像が満載!もちろん会話は英語なので細かい内容はわからないのですが、英語字幕をONにすればなんとなく追えると思います。とにかくみんな演技上手で面白い!特に私はCody に注目!奥様のブランディさんも時々登場しますよ♡

 

今回のエピソードの舞台は新日本プロレスオーストラリア大会ツアー!

ケニーと他のメンバーとの溝はまだ埋まらず、オーストラリアでもケニーだけ別行動に。

f:id:jinseiwagolden:20180221120258p:plain

 引用元 : “Pull Apart” - Being The Elite Ep. 93 - YouTube 

空港に着いて1人でオーストラリアのファン向けに自撮りメッセージを撮るケニー。でもよく見ると後方にヤングバックスとCodyが〜ww

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221160610p:plain

1人で動物園に訪れたケニーはコアラを抱っこして満足そう…。対していつ見ても無表情のコアラがツボww

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221121340p:plain

同じ動物園にヤングバックスと訪れたCody。ツルがちっちゃくなったような謎の鳥4羽を従え、カンガルーに餌やりww

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221121857p:plain 

マットとニックもコアラにしばし癒され…

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221151707p:plain

ホテルに帰ったケニーは1人ベッドで映画「カサブランカ」の別れのシーン(と思われる)を見て涙。食べてるカレーみたいなやつがめちゃくちゃマズそうww

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221152300p:plain

  そしてついにヤングバックスはBULLET CLUB メンバーを招集。Too Sweet を要求するタマちゃんに困惑のマットww

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221152754p:plain

イケメン過ぎるCody♡には、ぜひダニエル・クレイグ後任のジェームズ・ボンドを演って欲しい!

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221153211p:plain
最後に部屋に入って来たケニーとCodyが言い合い。Codyがイスを投げた瞬間スローモーションになりピアノの旋律がww

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180221153543p:plain

 乱闘する2人を必死に止めようとするヤングバックスの間にちゃっかり映り込むタマちゃんww

 

 

今回も最高でした!新エピソード更新が楽しみ!😆

 

 

 

ゴールデン ラヴァーズ についての三田佐代子さんのインタビューを読んで〜新日本プロレススマホサイト

飯伏幸太選手の可愛すぎるヤマダ電機撮影会の画像を見て、萌えネルギーチャージ120%の私です。

さてタイムリーにも新日本プロレススマホサイトで、三田佐代子さんがゴールデン☆ラヴァーズ 友情ヒストリーを解説してくださるインタビューがアップされました!

f:id:jinseiwagolden:20180220184245j:plain

引用元 : http://sp.njpw.jp/135496

 

 

三田さんと言えば、元祖プロレス女子と言っても過言でないほどプロレスを愛し、格闘技専門チャンネルFIGHTING TV サムライを中心にキャスターを務めていらっしゃる方です。「プロレスという生き方」という本も執筆されていて私も読ませていただきました。飯伏選手を始めとした様々な団体の選手について書かれていてとても面白いのですが、私的には特に棚橋弘至選手の記事が興味深かったです。

https://www.amazon.co.jp/プロレスという生き方-平成のリングの主役たち-中公新書ラクレ-三田-佐代子/dp/4121505549

 

この本はCAKESでいくつかの章が読めます。有料サイトですが、登録すると一週間お試し無料で読めるようですのでぜひ!

 

cakes.mu

 

そして三田さんは、飯伏選手をDDT時代からずっと取材し応援なさっている方。その方の書くゴールデン☆ラヴァーズ についてのインタビューとくればもちろん見逃せません!じっくりじっくり読ませていただきました。

スマホサイトは有料コンテンツなので 残念ながら引用出来ないのですが、とても興味深い内容でした。今回のインタビューはケニー・オメガ選手の心情を中心に書かれています。新日本プロレス公式ツイートで少しだけさわりが読めます。

 

お二人を良く知る三田さんならではのゴールデン☆ラヴァーズ の歴史を、2人の発言などを交えつつ辿っていきます。途中でファン目線というか、ファンの気持ちを代弁してくださっているような所も感じられて思わずグッと来てしまいました。

 

ただひとつ気になったのは「恋愛関係」という言葉がフィーチャーされていること。全体を読まずにこのツイートだけ読むと誤解されないかなぁと。ゴールデン☆ラヴァーズ を昔から知っているファンは良いのですが、あまり詳しくない新日本プロレスファンの方々にはどう映るのかなぁ…と少し心配。私としてはいわゆるボーイズラブ的な方向には持って行って欲しくないなと。何故ならゴールデン☆ラヴァーズ は世界中のプロレスファンをも魅了出来るプレミアムなタッグだからです。だからプロモーションは全方向に向けて欲しいのです!!

 

 

飯伏選手は東京スポーツ新聞社の記事の中で、「(GLは)一度終わったものですからね。だから再開じゃなくて、新しい始まり」と言っています。

【新日本】飯伏がケニーとの「ゴールデン☆ラヴァーズ」再スタートへ意欲

 

ケニーも先日配信された新日本プロレスワールドの動画の中で、ヘビー級のゴールデン☆ラヴァーズ として復活出来れば違う物を見せることが出来る、と言っています。タッグプロレスの美しさを世界に見せたい、とも。ベストオブザワールドになれるはずだと。

 

2人の間にはそれこそ、動画 Being The Elite のように Complicated=複雑 な感情が交差しているんだろうなぁと思うのです。三田さんのインタビューはぜひ全文読んでみて欲しいです。大好きな友達でありライバルである2人の感情の揺れが読み取れると思います。

 

 

そしてぜひ読んで欲しいのが、GKこと金沢克彦氏のブログ記事。2012年のものですが長州さんと橋本さん(お父さんの方)の関係性について書かれていて…まさに Complicated !! なぜか飯伏さんとケニーを思い出してしまうのです。

 

ameblo.jp

 

「チンタとは一番やりやすいんだけど、一番しんどい。
メチャクチャ苦しくて、しんどいんだけど、楽しいんだよ。
痛いし、終わった後のしんどさは半端じゃないよな!
だけど、そのしんどさの中に快感があったよな。
闘っているときに快感があった。
多分あいつも快感を覚えたと思うよ」 

 

これは金沢氏のブログの中の、長州さんが橋本さんを評した言葉。…どこか飯伏さんとケニーを思い起こさせます。

新日本プロレスワールドのゴールデン☆ラヴァーズ動画の中でインタビューを受ける2人の表情…それはまさに、これからやる事は  “しんどいんだけど、楽しい”  そういう風にも見えるような気がします。

犬猿の仲と噂されていた長州さん橋本さんと、相思相愛でお互いを傷つけたくないと言っていたゴールデン☆ラヴァーズ の2人が重なるなんて何をか言わんや…なのですが…

 

本当の事は当事者の2人にしかわからない。でもプロレスは見る人によって色々な見方が出来る。それが醍醐味なのかなぁと。私の妄想はまだまだ続きそうです。

 

 

 

棚橋弘至のTwitterに再び柴田勝頼選手が!PART 2

さて前回の続きを書こうと思ったのですが…

私は2014年9月、神戸での棚橋弘至選手vs柴田勝頼選手の試合が大好きです。この試合後、2人が和解するシーンがとても感動的なんです。

でもいざ書こうとするとどうしても上手く伝えられなくて…。一度書いたものを全部削除しちゃいました…スミマセン💦

実際の映像は新日本プロレスワールドで見れます。ぜひぜひおすすめします!

 

それから2人の試合で大好きなのは、2015年8月8日 G1 横浜文化体育館での試合!この日は猪木さんと藤波さんの“伝説の試合”を意識したような?!柴田選手に対しイノキコールが起こりました!丸め込みで勝利した棚橋さんが、試合後のバックステージコメントで嬉しそうに、「僕、こういうの好きじゃないですか 笑」と言っていたのが印象的でした。

 

そして棚橋さんと柴田選手で思い出すのは2015末のNumderの記事。

number.bunshun.jp

 

柴田選手が棚橋さんを語っている形で書かれているのですがとても良い記事なのでぜひ読んでみてください!

 

これは本当に私の妄想なのですが、もし柴田選手が怪我をされていなかったらきっと去年のG1後か今年の初めに、棚橋さんとのシングルマッチかタッグが組まれたんじゃないかなぁと。何故かと言うと、確か去年のオカダ・カズチカ選手とのIWGPヘビーのタイトルマッチの前後に、「 新闘魂三銃士IWGPヘビーのベルトを巻いていないのは自分だけなんだ」みたいな事をおっしゃっていたから。新闘魂三銃士っていう言葉が出て来たところに注目してしまったのです。これは近々、何か棚橋さんとの絡みがあるんじゃないかなって…

 

いつかまた柴田選手と棚橋さんの試合が見たいです。棚橋柴田タッグの時に、「 ターナーハーシー!!!」と叫んでハイフライフローを指示する柴田選手がもう一度見たい!!!

棚橋さんのTwitterに上がった柴田選手の姿を見て、強く強く思った私でした。

 

※ 先ほど棚橋さんのブログをチェックしたところ、柴田選手との再会が書かれてました!😆

 

 

ameblo.jp

 

 

  

棚橋弘至のTwitterに再び柴田勝頼選手が! PART 1

昨日の棚橋弘至選手のTwitterに、怪我で長期欠場中の柴田勝頼選手が!

 柴田選手の元気そうなお顔を見て安堵しました。このツイートをみた夫は、「柴田腕太っ!」と驚いた様子。改めて写真を見ると、おぉ!ホントだ!ということはトレーニングも出来るくらいに回復なさっているのかしら。良かった!

柴田選手は昨年も棚橋さんのTwitterに登場していましたね…

 

柴田選手と言えば、私が真っ先に思い出すのは “ 新闘魂三銃士 ” です。言わずと知れた、柴田勝頼棚橋弘至中邑真輔 の3選手です。

新日本プロレス闘魂三銃士の歴史についてはウィキペディアにお任せして…

闘魂三銃士 - Wikipedia

 

新闘魂三銃士は、ルックス良し、試合良し、プロレス頭良し…でありながら、三人三様の比類なき個性をも持つ…。今の新日本プロレスに必要なのはこれだ、と棚橋選手が思うのも無理はない程の3人だと思うのです。

 

ただ当時は同じくくりに入れられた3人の思いは複雑だったようで…。

中邑真輔選手は雑誌カミノゲの2014年のインタビューの中で、

(中略)ボクは「えーっ?」ってなりました。本人たちも言ってるように、自分の拒絶反応たるや。「なんで俺が一段下がって、あの2人とやらなきゃいけないんだ?」って思ってたときもあるし。

 引用元 : 中邑真輔 著 「THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 」双葉社

 

またこんな風にも言っています。

(中略)柴田選手にしたら柴田選手で、やっぱ2人とも後輩だから。そういう部分で嫌なのかなと思ったし。でも、棚橋選手だけは「悪くない」と思ってたでしょうね。

 引用元 : 中邑真輔 著 「THE RISING SUN 陽が昇る場所へ 」双葉社

 

その棚橋選手は自身の著書の中で

(中略)これに中邑と柴田は猛反発したけれど、僕は否定はしなかった。

「この3人の中から次の新時代のエースが出てくる!」という期待感を煽り、注目を高めることを考えた。

引用元 : 棚橋弘至 著 「棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか」飛鳥新社                                    

 

棚橋選手の冷静な判断にはどこか経営者目線を感じますね〜。それと中邑選手の考察は当たってましたね!さすが!

 

そして柴田選手が新日本プロレスに戻って来てからの記事 ↓

柴田が「新・闘魂三銃士」の名称を永久封印

 

このヒリヒリ感。今読んでもゾクゾクします。この記事の後、2014年9月に神戸で棚橋選手とスペシャシングルマッチ。その後11月に大阪で中邑選手とIWGPインターコンチネンタル王座戦と続くのです。結果はどちらの試合も柴田選手が敗れてしまいます。当時の煽りVを見るだけでもそのヒリヒリ感が伝わってきます!

 

youtu.be

youtu.be

この後の棚橋さんと柴田選手について書こうと思ったのですが、 久しぶりにこの2つの煽りVを見たらもう…滾りすぎて疲れてしまいました。このV大好きです!

というわけでこの続きはまさかの次回に…💦  

 

続く!