Life Goes Golden ☆

HONER RISING 対戦表で露呈!飯伏幸太とケニー・オメガの格付け

 いよいよHONOR RISING ROH興行です!待ちに待ったアレ!が見られるのですよ!

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

そうなんです!飯伏幸太選手とケニー・オメガ選手がタッグを組み、3年振りに同じリングに立つ…つまり…

 

ゴールデン☆ラヴァーズ の復活です!

 

2日間の初日となる明日は、

チェーズ・オーエンズ、飯伏幸太ケニー・オメガ 組 vs マーティー・スカル、ハングマン・ペイジ、Cody 組 の 6人タッグマッチとなっています。

飯伏ケニーという名前を書いてるだけで緊張というか…何とも言えない気持ちになります。試合が始まったらヤバイです💦 

もちろん新日本プロレスワールドで生中継されますよ〜。出来れば実況は村田アナウンサー、解説はミラノさんと岡本記者希望!😉

 

 

f:id:jinseiwagolden:20180323162509j:plain

 引用元 : 新日本プロレスリング公式HP

 

f:id:jinseiwagolden:20180411083512p:plain

 

対戦表を見て気付いたのは名前の順番。ケニーが最後なのですね…。という事は飯伏さんより格上の扱い。

ヘビー級として復活するゴールデン☆ラヴァーズでは、2人の立場は逆転したと言っていいのでしょうね。飯伏さんはどう思っているのかな…?気になります。

飯伏さんは現在フリーで新日本プロレス所属ではないし生え抜きでもない。この3年ブランクもあった。

それに対しケニーは新日本プロレスに所属、外国人レスラーで初めてG1クライマックスに優勝。絶対王者オカダさんとベストバウトを繰り広げ、IWGP USヘビー級王座も取った…序列が変わるのも無理はないです。

私の印象では、今回のゴールデン☆ラヴァーズの復活劇はケニー主導で、飯伏さんはケニーの言う通りに動いてるっていう感じなんですよね。だからタッグとしてどこまで2人でやっていくのかが未知数というか…。

本格的に新日本プロレスのタッグ戦線に絡んで行くのかどうか?が気になるところです。

そこでこの記事に注目!

飯伏とケニーは唯一無二のパートナー同士であることは間違いない。その一方で「お互いに上に上がっていくライバル」と強く認識していることも事実だ。

飯伏は「全く別のルートで成長してきたけど、新日本プロレスファンは『差がついた』みたいに思ってるかもしれない。結果的に新日本で結果を残せていないのは自分なんで。自分でやるべきことはあるし、そこは助けてもらうつもりもないです。ケニーに関係なく、自力で結果を残したい」と言い切った。

「タッグチームとしての野望はあるけど、どちらかというとシングル。次は自分がシングルで上がっていく。もちろんタッグ戦線でも間違いなく何か起こすというか起きるだろう、と。2018年は面白くなるなと思いますね」と、ケニーとの絆の復活を機に、改めてかぶとの緒を締めたゴールデンスター。新たな飛行準備は整った。

 引用元 : 東京スポーツ新聞社【新日本】飯伏がケニーとの「ゴールデン☆ラヴァーズ」再スタートへ意欲

  

自力で結果を残したい

次は自分がシングルで上がっていく

 

飯伏さんがこれほどまでに新日本プロレスでの野望を口にするのは珍しいのではないでしょうか。ケニーに追いつきたいと思う気持ちはとても強いのですね。

そして私が考える、飯伏さんがケニーに追いつく方法はただひとつ!

 

オカダカズチカに勝つ!👍

 

はいこれ一択です。つまりはIWGPヘビーのベルトを巻くこと。これはケニーも成し遂げてないんですよね。

所属じゃないのに無理でしょ!と言われるのは承知です。普通に考えたらそうですよね…。でも!私は信じてます。

 

「飯伏はもっと出来る!」 

 

by 棚橋弘至👌

 

 

 

関連記事はこちら♪

jinseiwagolden.hatenablog.jp

jinseiwagolden.hatenablog.jp