Life Goes Golden ☆

ゴールデン☆ラヴァーズ vs ヤングバックスの死闘を振り返る!PART1

飯伏幸太選手とケニー・オメガ選手の無事も確認出来たので☺️ 3月25日新日本プロレスロサンゼルス大会 STRONG STYLE EVOLVED ゴールデン☆ラヴァーズ vs ヤングバックスを振り返りたいと思います。

この試合については多分、見た人によって感想が相当異なるのではないかなと。

DDT時代・ジュニア時代から2人を追っている人、新日本プロレスから2人を知った人、最近のThe Elite 周辺を知っているかどうか…などなど。

特に飯伏ケニーの動向にそれほど興味のない人にどう映ったのかがとても気になります。

アメリカ公演とはいえ、新日本プロレスのリングでドラマ的な手法を採り入れた事への異論は当然あると思いました。

私はゴールデン☆ラヴァーズ のファンなので、無条件に受け入れちゃいますが💦  

 

 冷静に考えると、この試合を後から見た時、思い切った実験だったと気付くかも知れません。これが珍しいことではなくなって行くのか、それともゴールデン☆ラヴァーズ だけに許された例外だったのかが今後明らかになるのではと思います。

 

さて、実際の試合はどうだったのか?

f:id:jinseiwagolden:20180328101646j:plain

引用元 : https://njpwworld.com/p/s_series_00475_1_1

お揃いの色違い新Tシャツで入場するゴールデン☆ラヴァーズ 。このTシャツは新日の公式だといいな。欲しいです😊

 

 ※ 先ほど新日本プロレス公式ツイッターから情報がありました!

 両国でゼッタイ買います♪

 

f:id:jinseiwagolden:20180328102123j:plainこの4人が同じリングに立っているだけで華がスゴイ!

 

f:id:jinseiwagolden:20180328102315j:plain闘いが始まる前からマットはこの表情。ケニーを意識。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328102433j:plain先鋒の飯伏さんをマットは拒否。「 I want Kenny ! 」と要求。

飯伏さんは仕方なくケニーにタッチ。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328102731j:plain

代わったケニーもこの表情。この時点ではケニーに戦意があるのかどうか疑わしかった。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328102927j:plain

マットは飯伏さんを指差してケニーに抗議。この後、飯伏さんをコーナーから突き落とす。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328103109j:plain何するんだ!とケニーもマットに抗議。

 

所々にこういう感情のやり取りが入るので、今までの経緯を知らない人に取っては分かりにくかったかも知れません。

特にケニーとマットは凄く感情表現をしていたので、あのスピードで高度な技を出しながら表すのは相当キツかったのではないでしょうか。

でもケニーはリング上で、ヤングバックスに対する葛藤を表現したかったのだと思います。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328103648j:plainケニーが行かないならオレが行くとばかりに、マットが痛めている腰に蹴りを入れる飯伏さん。悶絶して叫び声を上げるマット。ケニーは見ていられなくて思わず止めに入る。

 

いやいやここはリングですよ、ケニー!振り切らないと!

 

f:id:jinseiwagolden:20180328104007j:plain俺に情けをかけるな!という感じでマットに突き飛ばされたケニーはこの表情。

 

そりゃそうでしょー!

 

f:id:jinseiwagolden:20180328104211j:plainいつものターミネーター式の手拍子に乗って、ノータッチトペコンを放とうと飛ぶケニー。が、エプロンからニックが蹴りを見舞い失敗。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328104656j:plain

逆にゴールデン☆ラヴァーズがニックのトペコンを受ける羽目に。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328104841j:plain

何とここでマットはリング下からテーブルを取り出し設置しようとする!

 

えー!マジかー!そこまでする?!😳

 

でもここはニックがマット抑え回避。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328105138j:plain

ここでやっと飯伏さんの見せ場。最近時折見せる、コーナーからコーナーへ素早く移動してのダイビングボディアタックをニックへ!カメラ付いて行けず😅

 

f:id:jinseiwagolden:20180328105517j:plain

飯伏さんの美しいドロップキックがマットに命中!

 

f:id:jinseiwagolden:20180328105615j:plain

ケニーはコタロー・クラッシャーを投下。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328110010p:plainここでクロススラッシュ!!なんですが…飯伏さん側がほとんど映らない。どうしたのかなと思っていたら…

 

 

なんと反対側に落下してたー!😱😱😱

飯伏さんがこのムーブ失敗した事あったっけ?!

少なくとも私は見たことなかった。ある意味衝撃映像。リカバー出来て良かったものの、事故に繋がらなくてホントに良かった…😣 飯伏さん流石の身体能力。

 

しかもこの後、一昨日のブログでも書いたムーンサルトの連携技で、ケニーは飯伏さんと接触し右目の下に怪我を負います。しかしそれを感じさせずに試合は続行。

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

スケジュールの問題や海外のマットである事など、微妙なコンディションが影響しているのかなと思いました。

昨日のブログでも書きましたが、怪我は絶対に嫌です!😣

私はいわゆる危険技というのは求めてはないです。でもそれで会場が沸くのも事実…。

類い稀な身体能力を持つレスラー同士の信頼の下でなら、お互い出すのは必然なのかも知れない。飯伏さんのよく言う、“ 今日終わってもいいと思ってやってきた” という言葉が重く響いて来ます。

今回もそこを乗り切って、最後まで素晴らしい試合を見せてくれた…。

もしかしたら心配するよりも、繰り出される渾身の技を見届けることの方が大切なのかも知れない。

プロレスを見る上で避けて通れない、選手の怪我。それに遭遇する度、見る側の覚悟も問われていると感じます。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328111615j:plain

この時間になるともうケニーも開き直って、腰を痛めているマットにバックブリーカー

 

f:id:jinseiwagolden:20180328112008j:plainマットが捕まる時間が長い中、ようやくニックにタッチ。ニック1人で2人を相手に無双。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328112244j:plainヤングバックスは掟破りのゴールデンシャワーを狙うが、間一髪で飯伏さんが止める。

そして飯伏さんとケニーはマットに雪崩式ブレーンバスター!

ここでも少しバランスを崩す場面があったが…

 

f:id:jinseiwagolden:20180328125420j:plain

 すぐに修正して投げ切る!さすが。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328125703j:plain

 そして本家ゴールデンシャワーか!と思いきやニックが阻止。

 

f:id:jinseiwagolden:20180328130101j:plain

 ここでなんと、さっきはマットを止めたニックが自ら机を設置!これは嫌な予感が…😨

 

f:id:jinseiwagolden:20180328130341p:plainそれを逆手に取ったケニーが、机に向かって片翼の天使を敢行しようとするが、マットも必死で抵抗。そこへ飯伏さんが後ろからトップロープに飛びつき…

これはまさか?!

 

f:id:jinseiwagolden:20180328130855p:plain!!!

 

f:id:jinseiwagolden:20180328130944j:plainでーたー!

スワンダイブ式ジャーマン!しかもこの高さから!😱

なんちゅー殺人技を出すんですか!驚異的なバランス感覚と背筋力。受けるマットもヤバい。何なのアナタ達!

しかしすごく美しく決まってた💦

 

 

何度でも見てしまう…。すごすぎる。

 

ここまで来てもまだ全体の半分くらいですよ!今回はここまでで…消耗してしまった。果たしてPART2で終わるのだろうか😓

続きは次回のブログで!

 

 

PART2書きました!

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

ゴールデン☆ラヴァーズ 関連記事はこちらもどうぞ♪

jinseiwagolden.hatenablog.jp

jinseiwagolden.hatenablog.jp