Life Goes Golden ☆

ケニーのツイートが切ない…

今日は、去年G1後からの過去記事を読み返していました。見事に情緒不安定というかエモい記事が多かったですね😣

「 推しのかわいさかっこよさをひたすら綴るブログ 」とプロフィール欄に書いてあるのに、心配ばかりしていたという💦

多分、“G☆Lの2人から発信される何か” を受け取っていたんでしょうね…

 

ケニーも辛かったと思うけど、「 どちら側でもない 」を貫いた飯伏さんも辛かったんだろうな…

振り返ってみると、色んなところに伏線があったのかも知れないなって思いました。

 

 

今になって様々な感情が生まれて来て、それに対処するのがしんどい私です。

 

そんな中、ケニーからツイートが!

今まで見たことのないようなケニーの表情。切ない。

 

でもケニーはお別れを言ったわけではないと思うし、また必ずどこかで会えるはず。

ポジティブにポジティブに。

 

だけど…

喪失感が半端ない

やばい

 

 

…自分を励ますために思い出したのは、中邑さんの言葉。

俺としては「 プロレスとはこういうもの 」っていう既成概念を変えていきたいんですよ。単なる格闘技やスポーツではなく、もっと観る側の感性を揺さぶるようなエンターテイメント、違う価値観に昇華したい。選手としても人間としてもまだまだ学ぶものはたくさんあるし、やっぱりプロレスって芸術なんですよ。他人の心に「 なんだコレ!?」って引っ掛かかるようなものを創り上げたい。 

まあ、プロレスじゃなくなっちゃうんじゃないかって思われるかもしれないけど、それくらいの壮大な世界観で、夢と現実のはざまのものをもっと表現できれば、結果的にプロレスそのものの裾野も広がっていくと思いますし。

イースト・プレス中邑真輔自伝 キング・オブ・ストロングスタイル 2005−2014 」

 

ケニーが新日からいなくなっちゃうかもしれないという不安、悲しみ、動揺…それはまさに中邑さんの言う「 夢と現実のはざま 」なんだと思いました。

ゴールデン☆ラヴァーズはリアルライフだと言ったケニー。

きっといつの間にか、私のリアルライフにもG☆Lが入り込んでいたんだなぁ…。

だからこんなにも、感性が揺さぶられるんだと思う。

 

新日本プロレスをずっと見て行くと、時々、自分の耐性を試されているような気持ちになる時があります。

今感じているのは、喜怒哀楽の「 哀 」の部分。

それを乗り越えたとき、「 喜 」と「 楽 」がやって来る。

見続ければきっとまたいいことがある。必ず!

 

「 これでホントにサヨナラ 」?

今日のプロレス大賞授賞式でのコメントは、ケニーのお別れの言葉なんでしょうか…。

 

ケニー・オメガから悲しいお知らせ…平成最後のプロレス大賞授賞式 : スポーツ報知

 

本当にこのまま、リング上で何もなく去ってしまうなんて信じられない。

 

 

ケニーは東京ドームに忘れ物をして行きました。

f:id:jinseiwagolden:20190117215057j:plain

Kenny Omega on Twitter: "1-1 #njwk13… "

 

まだ決着はついてないですよね。

 

それに、飯伏さんが戻って来る前に行っちゃうなんて酷すぎます😢

G☆Lファンはハシゴを外されたまま…

 

ケニーは、G☆Lは世界一のタッグチームだと言っていたのに。まだ道半ばじゃないですか!

だからきっと戻って来る。いつになるのか、それはどこの場所になるのかはわからないけれど…

 

ただ、新日本でのゴールデン☆ラヴァーズ物語は終わってしまったのかも知れない。

そうならばとても悲しいし悔しいし残念だし、もっともっと見ていたかった…

 

でも、去年のG1後からのG☆Lは、見ていて不穏で不安な気持ちになることも多く、平穏に続けて行くのは限界だったかも知れません。

それから何度も書いていますが、「ここは新日本だから 」と言われてしまったら、ケニーには新日本に居場所がなくなってしまうのです。

 

もしこれでホントにサヨナラならば、今、飯伏さんが試合に出れないことがせめてもの救いだと思いたい。

 

なぜなら、

ゴールデン☆ラヴァーズは最後まで裏切りを行わずに済んだから。

 

ということは、G☆Lはいつでもどこででも、また始めることが出来るのです!\☆☆/

 

だから、もしかしたら意外と早く始まるかもしれないし、ケニーも飯伏さんもプロレスを辞めるわけではない。

2人がプロレスをしてくれるなら、G☆Lはこれからもずっと繋がっていくんだと思う。

 

「 プロレスに絶対はない 」と言います。

今はしばしのお休み…2人にとっての充電期間だと思いたい。

そう思わないとツラすぎるから。

 

新日本で見せてくれたG☆Lの姿は消えることはないし、新日本でG☆Lが闘ったこと自体がきっと伝説になる!

そして…これからも伝説を残すんです!

 

 

少しの希望を込めて…

イッテンヨン以来、ネガティブな気持ちに襲われてばかりの私です。ケニーについての公式発表は1月末までありそうにないですね…。

私はケニーが本当に新日を離れるとしても、その決断を支持したいと思っています。

でも、少しの希望を捨てずにいたい。G☆Lファン目線で希望的妄想を、自分を励ますためにも書いてみたいと思います。

 

ケニーは「 ケトル 」vol.46 のインタビューで、「 今はあの大きな舞台( MSG )で飯伏さんとぶつかることが目標だね 」と言っていました。「 私は新日本プロレスをもっと世界に広めていきたい 」とも。

私にはケニーが、あれからこんなに少しの期間で変わってしまうとは思えないのです。

それとも本当に会社と折り合いがつかなくなってしまったのでしょうか…。

 

ぼんやりと頭に浮かんだのは、イッテンヨンで飯伏さんが担架に乗せられて退場する姿。

ケニーはあの試合を見ていたよね?飯伏さんがやられて悔しくないの?

飯伏さんの仇をとらないままどこかに行ってしまうの?

 

ケニーはオスプレイを倒さなきゃいけないよね? 

 

確かまだNEVERは次の挑戦者決まってないですよね。

 

それからケニーが、「 どんなベルトよりも大切にしている 」と言ったG☆Lのこと、そして飯伏さんのことを何も言っていないのが気になる…

 

 

去年のNEW BEGININIGには何が起こったか…思い出されます。

youtu.be

 

あれから一年。G☆Lにはまだやり残したことがあります。

今回のケニーのこと、新日が仕掛けたプロレスなら喜んで騙されたい。むしろ仕掛けであって欲しい。この夢の続きをまだ見たい。

 

SNSで、ケニーも飯伏プロレス研究所に入ったらどうか、という意見をたくさん見かけました。もしかしたら、それが一番いい解決法かも知れませんね🍀

 

飯伏幸太vsウィル・オスプレイ!壮絶な闘いの結末は…。イッテンヨン東京ドーム大会 PART2

NEVER無差別級タイトルマッチ 飯伏vsオスプレイ!1月4日 東京ドーム大会 オープニングマッチ PART2です。

PART1はこちら♪

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

2人の闘いがヒートアップしていく後半戦。追っていくのが怖いですが、この試合は間違いなく飯伏さんのベストバウトのひとつ。気合いを入れて書きたいと思います!

https://njpwworld.com/p/s_series_00498_5_01

ストームブレーカーをウラカンラナで返した飯伏さんのキレがハンパなかった。早送りかと思いました😳

 

動画⬇️

 いやー、2人ともすごい!

 

飯伏さんはそのままフォールするもオスプレイが切り抜ける。

 

東京ドームでも舌ぺろを忘れないw😋

 

これは!

 

来た!

ボマイェ!!

飯伏さんのボマイェは早いので、画面に収まらない時もあるのですが、この時はカメラアングルも完璧でめちゃくちゃカッコよかったです!私的に東京ドームでこのシーンが見れたことは今回のハイライトでした😆

 

ほんとにいつ見ても良い技だなぁ❤️ 

 

めちゃエグく入ってる😵

 

不敵に笑う飯伏さん。こわっ😱

 

シットダウン式ラストライドも強烈に叩きつける!オスプレイピンチ!

 

ラストライドをキックアウトされこの表情。

 

ん?まさか?

 

フェニックス??😃

 

と思いきや、オスプレイが阻止。

逆にコーナーで逆さ吊りになり飯伏さんのピンチ!

このシーン、現地で見ていた私の周囲では笑い声も起きていたのですが…

 

い、飯伏さんの顔…😨

 

壮絶なしばき合い😖

 

お、オスプレイ…そこにキックはやばい、ヤバいよ…

会場にどよめきが起こり、一気に緊張感が高まって来ました。

 

雪崩式の攻防となり、オスプレイ優位から、

飯伏さん優位へ。これは…

 

出た!フットスタンプ!えっぐ😵

でもさすがの空中姿勢と滞空時間🕊

 

動画もあります♪ ⬇️

 

獲物を狙う美しき飯伏さん🐯

 

オスプレイ をスワンダイブ式ジャーマンでぶっこ抜きます!

なんとオスプレイが着地!!

 

あ!あの第2弾か?!⬇️

 

https://njpwworld.com/p/s_series_00501_3_1

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

と思ったら、

血ーーーー!!!!

 

やばいやばいやばいやばい😣

 

そこへ容赦なくオスプレイコークスクリューキックが!めちゃくちゃエグく入りました😖

 

オスカッターをかわした飯伏さんはダルマ式ジャーマンへ!

激しいスープレックスで飯伏さんも頭打っているような気がする…大丈夫か?!

 

表情にはまだ余裕が見える飯伏さん。出血は激しくはなさそうかな…

 

このラリアット相打ちがすごかった。オスプレイのパワーは本物ですね。首で受けてる飯伏さんが心配😰

 

 いやすごすぎ。

 

手で口を押さえる飯伏さん。まだ大丈夫…

 

そして飯伏さん渾身の

ひとでなしドライバー!!( 公式名になってたw )

 

これは内藤さんにやってる時より強烈に落としたかも知れない😱 オスプレイの頭突き刺さってる😱

 

やたっ!👍

 

これで飯伏さん行ける!と思った私でしたが、

オスプレイの鋭いトラースキックを浴びてしまった飯伏さんは、膝から崩れ落ちてしまいます。

 

オスプレイに背中を見せちゃダメ!来るよ!危ない!!

 

このシーンは載せようか迷ったんですけど、先日のブログで「 目を背けないようになりたい 」と書いたので…。試合翌日のオスプレイのツイートを上げさせてもらいます。

これが飯伏さんが脳震盪を起こしたシーンと言われていますね。会場では、そこまでの怪我を負ったとは思わず、担架が運ばれて来て初めて、事の重大さに気付いた私でした。

それから先はメインイベントまで集中出来ず…。飯伏さんのツイートがなかったら、今も心配しかなかったと思います。

私はオスプレイのこのツイートに、少しの救いを求めていました。もしも飯伏さんが重傷ならば、オスプレイはツイートしないんじゃないか?だから重傷ではないんじゃないか?と。

 

この時点で意識が朦朧としているように見える飯伏さん…

 

ストームブレーカーをくらいスリーカウント。飯伏さんのNEVER初防衛はなりませんでした…

 

改めてワールドで見てみると、最後のストームブレーカーは余りにも無慈悲すぎて辛い気持ちになります。背後からのエルボーも、殺人技と言われても仕方ないと思います。

でも、全てのモヤモヤは、おとといの飯伏さんのツイートで晴れました。

 

これが飯伏さんとオスプレイの生き様なんだと。

東京ドームの熱狂を生み出すために、ファンを熱くさせるために、2人はどれだけの思いを越えてあの場所に立っていたのか…

 

全ては「 いい試合 」をするため。

飯伏さんの無事がわかった今だから言えることではありますが、その場所に立ち会わせてもらった私は本当に幸せ者だと思います。

 

飯伏さん、どうぞしっかり休んで怪我を完治させてください。次の大爆発を首を長くして待っています🍀

 

飯伏幸太vsウィル・オスプレイ!ハイフライ+ストロングスタイルの完成形を感じたイッテンヨン!PART1

飯伏さんの昨日のツイートの「 待ってて。」に地味に萌えております。飯伏さんがあんな風に言ってくれたことあったでしょうか♡「 はい😍 」という以外にない素晴らしいツイートでした💙

 

さて、イッテンヨン東京ドーム大会です。当日はアリーナ15列目くらいで観戦。大きなモニター( オーロラビジョンかな? )が花道奥とリング上にあり、実際のリングも思ったより見えたので満足でした。

いつもスマホショボショボ写真ですみません💦 これはスタンドから撮りました。

かろうじて第0試合のマーティ、裕二郎さん、ピーターさん、セコンドのチェーズだけ撮りました。後は試合に集中…というか、あの日は第1試合のアクシデントで茫然としてしまい、まったく集中できませんでしたが😣

 

リング上の音がほとんど聞こえなかったのが残念。その点ではワールドの方がいいかな。でも、生観戦はプロレスが好きな人が集結して応援する雰囲気がたまらないんですよね😊

 

戦利品。ファンクラブ会員とスマホ会員プレゼント。豪華でした♪ 翌日のNEW YEAR DASH では手ぬぐいを頂いて嬉しかったです。

 

飯伏さんの無事が分かって、今日ようやくワールドで試合を通して見ることが出来ました。リング上の音と実況が付くと、生観戦とは違った感想が湧いてきました。

飯伏さんが公式インタビューでおっしゃっていた通り、単なるハイフライヤー同士の闘いではなく、完全にストロングスタイルが体現されていました。

それはあの中邑戦とは違っていました。今回は、オスプレイと飯伏さん両方ともがハイフライ技を持っているということ。予想通り、“ハイフライストロングスタイル”とも言えるような、進化した、新時代のストロングスタイルを見せてくれたように思えました。

 

2人の試合はすごいスピードの技が多いので、ワールドで見ていただくのが一番だと思います。でも、どうしても書いておきたい!というわけで、どこまで伝えられるか自信がないのですが、印象的な場面を中心にいってみます👌

 https://njpwworld.com/p/s_series_00498_5_01

東京ドームオープニングマッチNEVER無差別級王座防衛戦。

リングに上がった王者飯伏さんの表情はまさに「 燃える闘魂 」🔥

 

オスプレイはさらに燃え上がる闘魂!🔥

 

画像では伝わらないので上げませんが、飯伏さんは最初のハンドスプリングからフルスロットルでした。いつもよりさらにバネがハンパなかった。本当にスプリングのようでした。

解説のライガーさんも息をするのを忘れてしまうほどのスピーディな攻防後、

オスプレイのサスケスペシャル!ドームの場外は広く取ってあるので物凄くキレイに決まりました👍 飯伏さんもがっしり受ける!

 

オスプレイは着地成功。飯伏さんも頭を打たずに受けていてホッとしました。

 

睨み合う2人。火花が散ります🧨

 

飯伏さんの場外へのスワンダイブ式カンクーントルネードアタック( 公式ではコークスクリュー式のボディアタックとなっていました )なんですが、ロープ上の姿勢の正確さを見てください!ロープの上ですよ😳36歳になってなお、この技が出来るのが信じられない。オスプレイはまだ25歳ですからねー!

 

🕊🕊🕊

 

ちゃんとオスプレイを見て着実に着地しているのが分かります。すごい。

 

動画でもう一度⬇️

 

力技もすごかった2人。やはりただのハイフライヤー対決じゃないんです。

解説のミラノさんによると、スクールボーイからのスープレックスで、飯伏さんが昔出していた技だそう。こういう情報は嬉しいです😊

 

画像だと分からないのですが、すんごい角度でオスプレイが投げられています⬇️

この投げられ方は、飯伏さんにも通ずるところがありますね。オスプレイさすが。

 

「 カモン!オスプレイ !」と英語で挑発してエルボー合戦へ。気合いがスゴイ。

 

オスプレイに強烈な掌底を打ち込んだ後の飯伏さん。企んだ表情が良い♡

 

 ライガーさん「 獲物を狙うような、怖い目付きです 」🐯

 

そして、会場ではどっちがどうなったのか分からなかった、オスプレイのスパニッシュフライ。

 いや〜こうなってたのかー!

 

倒れ込む2人。

 

飯伏さんの髪が逆立つ⚡️

 

オスプレイの蹴りがめちゃエグい😨いつからこんなに強くなったの?!

 

 これはやばい😵

 

オスプレイの強烈なトラースキックで、ロープにもたれかかってしまう飯伏さん。

この時点ではまだ、あんな結末になるとは思いもせずにワクワクしていた私。

これからどんどんヤバくなっていくのでした…😱

 

PART2に続きます! 

 

PART2書きました♪

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

飯伏幸太が脳震盪後初めてツイート!「 今意識はハッキリしています。」

 

飯伏さん、ツイートしてくれてありがとうございます!

ツイートを見た瞬間、涙で画面が見えなくなりました😂 傍に置いていたイブくまさんを、思わずイイコイイコ🐻良かった…本当に良かった…。

 

1/4、5を観戦して帰ってから、暇さえあればオスプレイ戦のあの場面を見返していました。何度も何度も繰り返しリピートしては、「 大丈夫。大丈夫。」と自分に言い聞かせ…。でもやっぱり心配でたまらなかった。

今日の2夜明け会見で「 次シリーズ欠場、復帰時期未定 」と発表され、もしかしたら長期間かかるかも知れないと覚悟をしていました。

 

オスプレイ戦についての自分のブログを読み返し、「 ワクワクしかない試合🤗 」とか書いてあるのを見て、なんて浅はかだったんだろうと自分を責めていました。

でもとにかく無事で良かった。これ以上嬉しいことはないです。

 

そして、今日の飯伏さんのツイートを読んで気付いたことがありました。

飯伏さんは、オスプレイやレフリーに批判が行くのを危惧しているような気がします。

 

オスプレイ選手全力で勝ちに来てくれてありがとう! 」

 

「 ごめんなさい 」「 自分の力不足 」とも。

 

今回の怪我は、オスプレイやレフリーのせいではないんだと言っているように思えました。

やっぱり飯伏さんとオスプレイの間には、強い信頼があったんだと思います。それでこそあの強打なんだと…

怪我はしてしまう時もあれば、させてしまう時もある。それは紙一重

 

けれど、飯伏さんが担架で運ばれた時の私の正直な思いは、「 全力だとは分かっていても、そこまでやって欲しくなかった… 」でした。

プロのレスラーなんだ。全力なんだ。命がけの闘いを受け止めるんだ…そんな風に思えなかった。今まで私はわかったふりをしているだけだったんだと気付きました。

事実、あれから今日まで動揺していて、どうしたらいいのかわかりませんでした。

 

この先もこういうことが起こるかも知れない。怖い。

でも飯伏さんはオスプレイに「 全力で勝ちに来てくれてありがとう!」と言っている。

私の好きな人はプロのレスラー。どんなに怖くても、心配でも、ひとつひとつの試合を精一杯応援するしか出来ることはない。最高の試合を目に焼き付けるしかない…。

 

飯伏さんが戻って来るまでには、もっと強い自分になれたらいいなと思います。目を背けないようになりたい。

まずは飯伏幸太vsウィル・オスプレイを心に刻みたい。今2人が同じ時代にプロレスラーとして生き、最高の舞台で、全力でぶつかり合えたことに感謝したいと思います。

 

 

☆ケニーについて

いろいろと不確定な情報がありますが、公式の発表を待ちたいと思います。ただ、ケニーがどんな決断をしようとも、それはケニーにとって最善の選択をしたのだと信じます。

イッテンヨンのメインは、心に響く素晴らしい試合でした!

そして、ケニー・オメガは最高のレスラーであり、新日本プロレスに貢献してくれた功労者であるということは絶対に変わらない。

私は新日本プロレスのファンだけど、G☆Lの居場所が新日にないのなら仕方がないと思うし、ケニーにも飯伏さんにも後悔して欲しくない。

レスラーはひとりひとりが個人事業主だといいます。

ケニーと飯伏さん、それぞれが納得し、一番輝ける場所でプロレスをして欲しいと願っています。

 

かわいすぎてヤバい!飯伏幸太のマネくまが届いた!

我が家にも念願のイブくまがやって来ましたー!😆😆😆

SNSでも、ファンの皆さんのMYイブくま・ケニくまが続々とアップされていますね☺️

さて、うちのイブくまさんはこんな感じで届きました♪

 

透明の袋に入って届きました。ご対面〜😃

 

💙💙💙

 

後ろ姿。髪の毛ホワホワ〜。実物はもう少し明るい髪色です。

 

横から🧸

 

タグの裏側には飯伏さんのプロフィールが。

 

しっぽ♡

 

左手の肉球にマネくまマークが刺繍されています。カワイイ🐻

 

結構大きくてびっくり。週プロと並べると分かりやすいかな?毛並みもフワフワで高級感あります。

 

なんて愛らしい😍😍😍

つや消しプラスチック素材の黒い目は、はめ込まれていて、周りの毛をかき分けて目の大きさや形を変えると表情が変わります。見えにくいのですが、縫い込まれた目立たない眉毛もあって、眉毛を見せるか見せないかでも変わりますね。

あとは、髪の毛がほんとにホワンホワンなので、髪型も立てたり寝かしたり分け目を変えたりして遊べますね😊

 

ちょっと高いかなーと思ったけど大満足でした!今、椅子の上に置いているのですが、目が合うと自然に笑顔になってしまうカワイサ。出来ればケニくまもゲットしてG☆Lで揃えたいな〜♪

 

 

☆今日のごあいさつ

今年は今日でブログ納めになると思います。年始は1月4日、5日生観戦のため実家に帰るのでしばらくブログは書けないかもしれませんが、G☆Lの2人が無事にNEW YEAR DASHを終え、ハッピーな気持ちで記事を書けたらいいなと願っています♪

小さなブログですが、いつも見に来てくださって本当にありがとうございます!🙇‍♀️💕

皆様良いお年をお迎えくださいね🎍

来年もゴールデン☆ラヴァーズの2人が幸せでありますように!\⭐️⭐️/