Life Goes Golden ☆

飯伏選手の怪我で感じた恐怖。それでも…

 

 

痛々しい…😢

骨に異常は無かったてことかな…。とりあえずホッとしています。

 

あの落ち方は、一歩間違えば終わってもおかしくなかったと思います。

少なくとも私はそう感じました。

もちろん2人はプロだし超人だし、飯伏さんの受けがすごいことは分かっています。

それでも事故は起きる時があります。

頭突きで腫れたんだとしても、ドクターを呼んで欲しかったと思いました。

柴田さんのこともありましたし…

 

大阪城ホールセミファイナル。ここでの飯伏幸太としての試合は初。

2人の試合は今年3回目内藤さんは飯伏さんに3連敗は出来ない中、ブーイングも起こりました。

ゲスト解説に棚橋さんがいたこと。モクスリー、ジェリコ、KENTAさんなどへの注目。

そして直前のジュニアタイトル戦の盛り上がり…など、飯伏さんと内藤さんがいつもより更にヒートアップする条件は揃っていました。

 

そして前回ブログにも書きましたが、飯伏さんは「これで終わってもいい」と思って試合に臨んでいる。

 

内藤さんも先日上がった東スポの記事

「20歳のときに手術して、ヒザの不安なんてレスラーになる前から持ってるし、今さら言われてもね。何よりも俺自身は全ての大会で試合をしたい。その(休まない)結果、レスラー人生が短くなってしまったとしても俺はそれで構わない」

と言っている。

 

内藤さんも飯伏さんと根本的に同じ考えなんだと思いました。

 

さらに内藤さんはIC王座戦の煽りVで、

内藤哲也の名前を、語り継いでもらうためには、歴史に、名を刻むことも、大事じゃないかなって」

と語っていました。

 

これも飯伏さんが言っている、「自分には時間がない」「プロレスを広めたい」ということに繋がってくると思う。

2人はベストバウトを取るつもりで闘っていたと思います。

 

そういう選手の思いと、興行を成功させたいという周囲の総意が、試合の流れを止めにくくしているのは分かっているつもりでした。

 

それでも私は、飯伏さんがエプロンに側頭部を打ちつけた瞬間凍り付いてしまった。

「止めて欲しい」と思ってしまった。

 

でも試合は止められず、飯伏さんは目に頭突きまで喰らって…

 

 

私は何を見ているんだろう…?

 

 

好きな選手が壊れていくのを見ているんじゃないか?

このまま飯伏さんが終わってしまったら?

プロレスが出来なくなってしまったら?

 

何でストップしないの?

何で内藤さんは首から落とす攻撃を続けるの?

私は飯伏さんが壊されるのを黙って見続けなくちゃいけないの?

 

不安と怒りの感情が交差しました。

飯伏さんがフラフラと退場する姿を見たときは柴田さんを思い出しました…

 

その日のうちに飯伏さんがツイートしてくれたので少し安心したけど…

 

私は思いました。

 

「いつか私は飯伏さんが終わってしまうのを目の前でみてしまうんじゃないか?

いつかこの人は本当にリングの上で死んでしまうんじゃないか 

 

プロレスを見てきて、こんな風に思ったのは初めてでした。

「楽しい、嬉しい、悲しい、悔しい」

ではなく、「恐怖」を感じてしまった。

 

見るのが怖い、と。

 

だからやっぱり私は覚悟が足りてなかったんだと思う。

いくらブログで飯伏さんの言葉を解ったつもりになって、「今しかない」とか「全力の闘い」とか書いていても、その瞬間になれば私は立ち尽くすしかないんだと…

 

きっと私は心のどこかで、「そうは言ってもこれはプロレスだから」と舐めていたんだと思う。

 

私は飯伏さんと内藤さんの試合を、どこか楽観的に見ていたような気がします。

全然分かってなかった。

プロレス上での「仲良し」「信頼」が、普通のそれとは違うんだってことに気付いてなかった。

「思い切りやれる相手」ということに付いてくる“危険さ”を本当には理解してなかった。

 

かつて中邑さんは言いました。

「飯伏となら笑いながら殺し合いが出来るんじゃないですか?」

と。

 

この言葉がどういうものだったのか…私は今になってやっと分かったような気がします。

 

  

本当に終わったかと思った…

久々にこちらに戻って来ました。

今日、大阪城ホール大会のIC王座戦で、内藤さんが飯伏さんに放った断崖式ジャーマン。

私は声を失いました。

飯伏さんが側頭部をエプロンに強打したのです。

首がぐにゃりと曲がって場外に落ちました。

私は冷や水を浴びせられたようになって固まりました。

 

本当に終わってしまったのかも知れない…

 

今まで見た中で一番怖い落ち方でした。

 

どうして止めないの?飯伏さんが死んじゃう!

みるみるうちに目の上が腫れ上がる飯伏さん。

もうやめて!内藤さん、頭や首を狙わないでお願い!

 

飯伏さんの試合を見て来た中で初めてレフリーストップして欲しいと思いました。

ベルトなんてタイトルマッチなんて勝ち星なんていらない。

飯伏さんが元気に試合してくれればいい。

 

どうして私は飯伏さんの言葉を忘れていたのだろう。

今日、今、ここで、この瞬間終わったとしてもいいと思い1日1日を過ごしてきた。」

って、飯伏さんはずっと言ってたじゃん。

 

新日所属になったからって、何故私は安心してたんだろう。

ごめんなさいごめんなさい。

ヌルい気持ちで見ていてごめんなさい。

 

 

安心させツイートしてくれたんだね。

飯伏さんは何も悪くない。

いつの間にか私はプロレスを舐めてたのかもしれない。

ごめんなさいごめんなさい。

飯伏さんは大丈夫だろうか…

 

怖い。

 

もう選手が怪我をするのは見たくない。

 

 

飯伏幸太が見せたいのは「今のバージョン」のストロングスタイル!

飯伏さんのG1CLIMAX 29 開幕戦ダラス大会に向けたメッセージ動画を見て、改めて飯伏さんの覚悟を感じた私です。

 

飯伏「みんなが思っている、ストロングスタイルっていうものの、今のバージョン、の新日本プロレスを見せたいです。」

 

この発言はすごいです。よく言ったなぁと感慨深いです。

 

  

f:id:jinseiwagolden:20190510140118j:plain

令和最初のG1 CLIMAXはアメリカ・ダラスで開幕!! 飯伏幸太からメッセージ!#DestinedForDallas - YouTube

 

今まで飯伏さんは、「中邑さんの系譜を精神の部分で一番引き継いでいるのは自分だと思っています」というような言い方をしていたと思います。

今回のように“今のバージョンのストロングスタイルを見せたい”と、ここまではっきり言ったことは記憶にないです。

私は、飯伏さんが新日本プロレスに入団してから一番変わったのはそこだと言ってもいいんじゃないかと思いました。

つまり新日所属になったことで、ストロングスタイルについて堂々と言えるようになったのです!😃

 

ストロングスタイル”という言葉の実態は無いにしろ、それは新日本プロレスを象徴する言葉であることは、今の時代も変わっていないと思います。

私のつたない知識と印象では、中邑さんや柴田さんなど生え抜きの選手を筆頭に受け継がれてきたのかなぁと。生え抜きではない飯伏さんが言うこと自体、新しいのではないでしょうか。

飯伏さんは新日に入団する事で、中邑さんのストロングスタイルを継承しながらも、自分なりのストロングスタイル(GOLDEN STRONG STYLEと呼べそうですね!🌟)を伝え、繋げて行こうという気持ちを持っているのではないか?私はそう思いました。

 

でも実は、2016年に飯伏さんがWWE傘下のCWCクルーザー級トーナメントに出場した時、もう既に“STRONG STYLE”としてカテゴリーされていたんです!

KING OF STRONG STYLEの中邑さんと同じカテゴリーと捉えられていたわけで、WWEの方が先に飯伏さんにストロングスタイルのお墨付きを与えていたことになりますね。

 

先日のアメリカ遠征中、飯伏さんは中邑さんと会食し、「新日本に入団するのを考えています」と報告。中邑さんは「おめでとう!」と握手してくれたそう。それは飯伏さんがあんまり予測していなかったリアクションだったとのこと。(昨日更新された飯伏さんのスマホサイトインタビューから)

中邑さんもその言葉を待っていたのかもしれないですね☺️

 

さて、G1開幕戦ダラスで、今のバージョンのストロングスタイルを見せたいと言った飯伏さん。その対戦相手は誰なんでしょうか。

普通に考えれば内藤さんかなとも思います。ただ、大阪城ホールで対戦するのでそれは無いかなー。

そうなると…

 

私の予想はジェイくん!

 飯伏幸太vsジェイ・ホワイト!!!

 

これってものすごく「新しいバージョン」のストロングスタイルになりそうじゃないですか?!😆👌

 

 

 

 ☆お知らせ

2019年4月に飯伏選手が新日本プロレスに再入団

したのをきっかけに、新しくブログを作りました。

そちらのブログで飯伏選手の最新記事を書いています。

最近はすっかり心配をかけなくなり大人になった(?!)

新しい飯伏さんに興味のある方はぜひ覗いてみてくださいネ♪⬇️ 

ameblo.jp

 

 

フェニックスとカミゴェとボマイェ!

こんにちは!またこちらのブログに戻って来ました♪

レスリングどんたくが終わってひと段落。今日は飯伏さんの“技”について書いてみます😃

 

もちろん私は実際にプロレスをしたことはないので、技について書くなんておこがましく、ズレているとは思いますが、最近ちょっと気付きがあったので書いてみようと思いました。

 

私はプロレスの“技”を見るのが大好きです♡

同じ技でも「あの選手のこの技」っていう風にお気に入りがたくさんあります。

中でも最愛の技というのがいくつかありまして…その技が出るのを待ち焦がれている、と言ったら言い過ぎでしょうか💦

簡単に言えば「大好きな技」です。きっと皆様にもあると思います😊

 

そのひとつは何と言っても「フェニックス・スプラッシュ」です。

言わずと知れた飯伏さんの必殺技です。

私がプロレスを見たいと思ったきっかけは、飯伏さんがヨシヒコ選手に決めたフェニックス・スプラッシュをYoutubeで見たこと。だから飯伏さんの試合を見るときはずっと、“フェニックスが決まるかどうか”を追うように見ていた気がします。

それが変わったのは飯伏さんが新日に復帰後、フェニックス・スプラッシュを封印し、“カミゴェ”という新しい技をフィニッシュにしてからです。

 

ここからは私の妄想ですが、カミゴェをフィニッシュにすることについて、飯伏さんはある時期まで迷いがあったような気がします。それは多分、フェニックス・スプラッシュがあまりに飯伏さんを象徴するような技(オリジナルはハヤブサさんですが)だったので、カミゴェが飯伏さんの決め技として認知されるまでに時間がかかったからかもしれません。

 

カミゴェを最初に出した2017年のG1では、「地味」「劣化した」などの意見が飛び交っていました。飯伏さんもそれを知っていたのか、直後のKAMINOGEのインタビューでフェニックス・スプラッシュを出さなかった事への“迷い”とも取れる発言をしています。

事実、翌2018年イッテンヨンのCody戦ではフェニックス・スプラッシュで勝利しています。

 

その後カミゴェは、行く前に手を離さずクロスアーム・スープレックスを入れたり、頭突きやgo2sleepから繋げるなど、どんどん(人でなし方面へと)進化しています😋フェニックス大好きだった私も、今では“カミゴェがいつ決まるか”をドキドキワクワクしながら見るようになりました。

 

そして先日、私は今までで一番いいと思ったカミゴェフィニッシュを見ました!それは5月3日レスリングどんたく初日タッグでBUSHIさんに決めた、ハイキック→ボマイェ→カミゴェでした!

https://njpwworld.com/p/s_series_00518_1_04

f:id:jinseiwagolden:20190508120437j:plain

f:id:jinseiwagolden:20190508120501j:plain

f:id:jinseiwagolden:20190508120524j:plain

いや〜カッコいい!最高です😍

全て私の大好きな技だからというのもありますが😅

 

でも、実はこれってものすごく贅沢だと思うんです。だって、中邑さんがフィニッシュにしている技をカミゴェの直前に持ってきてるんですもん!😳

その相乗効果なのか、この日のカミゴェは最強に見えました💪

 

多分、ボマイェをカミゴェの前に入れて滾ることで、期待感とワクワク感が増したんだと思います。そして最後、カミゴェに行く時の「間」が素晴らしかった!それは飯伏さんがフェニックスを出す時の、「決まるか決まらないか」という一瞬に似ていました✨

 

そして飯伏さんのボマイェと中邑さんの出すボマイェとの一番の違いは、“MAXに滾った場面でヒットすること”だと思いました。

 

WWEでの“キンシャサ”については分かりませんが、新日では中邑さんがMAXに滾った時のボマイェはあまり決まらない印象。ジャンピングボマイェやショートレンジの方が決まっていたんじゃないかと。あとは最後にMAXじゃない滾りの正調ボマイェでフィニッシュが多かったような気がします。

 

私はいつも、滾りMAXのボマイェが決まって欲しい!と思っていたので、飯伏さんのボマイェを見るとめちゃくちゃ興奮します。「来たー!!!」と声を上げるほどです😆

 

そして最近、私はすごいことに気が付きました!

飯伏さんが試合で飛ばなくても全く気にならなくなったのです!

 

今年のイッテンヨンでオスプレイと対戦する前、インタビューで「僕は元ハイフライヤー」と語った飯伏さん。

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

復帰宣言をしてからの飯伏さんの闘いは、その言葉を裏付けていたと思います。

その後のIC王座戴冠、新日再入団を経て、全てが完全にリセットされたような気がします。

 

私が一番最初に出会った飯伏さんは、「自由な翼を広げるハイフライヤー」でした。飯伏さん新日復帰後からは、私の中で「中邑さんの系譜を引き継ぐハイフライストロングスタイル」へと変わり、そして今「IWGPの白きベルトを巻いた光り輝く王者✨」になりました!

 

「ボマイェ使っちゃえよ」と中邑さんに飯伏さんが言われてから3年経ちます。

週プロ5月1日号のインタビューではICベルトについて、“中邑さんの色も残しつつ自分の色を出したい”と語った飯伏さん。

インターコンチのベルトは少しずつ、そして確実に“飯伏幸太色”に染まりつつあります。飯伏さんから発せられる王者の自信とオーラがそれを物語っていると思います🌟

 

 

 

飯伏さんと棚橋さんが笑顔で写るのを見て…。微妙な思いに終止符!

こんにちは!久しぶりにこちらのブログに帰って来ました♪
ということは…今回はエモブログを書きます!ご了承ください😅
 
では早速本題へ…
 
 
昨日真壁さんがTwitterで上げてくれた写真、福岡から帰る飛行機の中で本隊に馴染む飯伏さんにホッとしました☺️
 

 

と同時に飯伏さんと棚橋さんの笑顔を見て、これは一度自分の気持ちをまとめないといけないなと思いました。

 
今日はちょっと遡って書きます。あと、いつもの通り妄想多めですので、不快になられたらスルーしてくださいね🙏
 
 
 
私がプロレスを好きになった頃、推しは飯伏さんと棚橋さんでした。それはずっと変わりませんでした。
 
そして去年、飯伏さんがケニーとG☆Lを再結成してから、私はどんどんG☆Lに魅了されて行きました。
その気持ちは、ケニーがIWGPヘビーを戴冠した頃にピークを迎えました。
 
そしてそのままG1に突入。
なんと決勝に残ったのは推しの2人。飯伏さんと棚橋さんでした😣
武道館で決勝を観戦した私は、両方を応援するつもりでした。
けれども、棚橋さんのセコンドに柴田さんが付いた瞬間、私の心は完全に飯伏さんを応援する方に動いてしまったのです。
 
結果は飯伏さんの負けでした…
 
 
優勝した棚橋さんは一夜明け会見で、
 
「 飯伏は本当にレスラーとして、トップ取りたいんだったらケニーと一緒にいたらその先はないなと俺は思う。」
 
と言いました。私はそれを聞いてすごくショックを受けてしまいました。
棚橋さんはG☆Lの敵になってしまった…と思ったのです。
 
 
それもあって、その後の棚橋さんとケニーのイデオロギー闘争では、私はケニーを応援しました。
 
今冷静に考えれば、あの時飯伏さんは、ケニー側でも棚橋さん側でもないと言っていたのだから、私はどちらかを選ぶなんてしなくても良かったんですよね…😥
 
多分、棚橋さんにG☆Lを否定されたショックと、ケニーの飯伏さんに対する“イブシ愛”の深さへの共感が重なってしまったんだと思います。
 
 
でも、現在の飯伏さんの活躍を見れば、棚橋さんが言いたかったことも分かるような気がしています。
 
今は、飯伏さんもケニーもそれぞれが選んだ道で精一杯輝いて欲しいし、2人の約束、“武道館より大きい会場で” をいつか実現出来るといいなと思っています。
飯伏さんが新日で大爆発し、認められ上り詰めれば、その日は必ず来ると信じています。
 
 
 
そして私にとって棚橋さんは、以前のように「カワイイ♡かっこいい♡あざとい♡」という選手ではなくなりました。
 
去年のG1決勝後のNumber逆オファーインタビューで「棚橋さんの中に“猪木”を感じた」と言った飯伏さんのように、畏怖を感じる存在になったのです。
 
多分棚橋さんは私が思うよりずっと、「勝負師」であり、新日を守るためなら捨て身の覚悟で闘う「守護神」のような存在なんだと思う。
 
 
あのイデオロギー闘争がなかったら、ずっと平和でいられたんだろうか?
いや、プロレスは闘いなんだ。色んな感情のせめぎ合いなんだ…
それを新日で最も体現している選手、それが棚橋さんなんだと…
 
「カワイイ♡かっこいい♡あざとい♡」と言えたあの頃に戻れたらな…😞
 
あれこれ考えずに純粋にプロレスを楽しみたいと思いながら出来ない、沼にはまってしまった私です💦
 
 
 
☆お知らせ☆
飯伏さん新日再入団を機に、アメブロの方で新しいブログを作りました。このブログよりライトな記事を書いています。お時間があればのぞいてみてくださいネ♪
 
 

お知らせです♪

いつもブログを見に来てくださってありがとうございます♪

飯伏さんのニュースが増えて嬉しい悲鳴なのですが、いかんせんブログが追いつかず💦

今回ちょっと新しい試みをしてみることにしました。

このブログよりもライトな記事を書くブログを作ってみようと思っています。

これからどんどん増えると思われる、飯伏さんの試合やニュースに追いつければいいかなと😅

とりあえずやってみます👌

こちらのブログはじっくり書ける時に、エモいやつとかマニアックなやつを書けたらいいなと思ってます。

なので更新頻度は落ちるかも知れません🙇‍♀️

 

今まで、たくさんの「 いいね 」や訪問をいただいて本当に感謝しています!ありがとうございました!🙏

つたないブログですがこれからもよろしくお願いします😃

 

 

※新しいブログはこちらになります⬇️( まだまだ見切り発車でどうなるかわかりませんが、実験しつつやって行こうかなと思ってます☺️ ) 

ameblo.jp

 

飯伏選手IC王座初防衛おめでとう〜!!

飯伏さん勝ちました!!!

「 歯の脱臼 」の影響は感じさせず、ザックと真っ向勝負でIC王座初防衛👍

何から書いていいか、まだまとまらないのですが、今日の試合を見て感じたことを書いておきたいと思いました。いつもの妄想成分多目です🙇‍♀️

 

2人の試合は何度も見ていますが、今日の試合が一番好きだと思いました😃全くプロレススタイルの違う2人。だけどなぜか共鳴するものを感じました。

ステレオタイプに言えば、ザックはヒールです。でも今日の試合は、そういう“役割”みたいなものを感じさせませんでした。もっと違う次元での、2人の感情がぶつかり合いがあったのだと思います。そしてそれが会場にも伝わっているのが分かりました。

 

私には今日の飯伏さんの姿が、あの日の中邑さんとダブって見えました。反対に、ザックはあの日の飯伏さんに見えた。それは試合の内容というよりは、今日の試合に流れる旋律のようなものが似ていると思ったのです。

試合の中でひとつの曲が出来上がって行くような…そんな印象を持ちました。

 

そして意表を突いたあの技!飯伏さん、そう来ましたか!フィニッシュのカミゴェの前に放ったのは go2sleep ですよね?!

この試合の前、中邑さんを超えたいと発言し、ザックへの棚橋さんの分のリベンジに言及した飯伏さん。もうひとつ、こんな“仕掛け”があるとは!😃

NYで柴田さんに会ったことが、今回ザックを倒すための秘策に繋がったんだとしたら…。またまた柴田さんにプロレスされちゃったのかも…😆

 

そして試合後マイクで自ら「 入団 」を発表!!

新しい飯伏幸太、“新日本プロレス所属の飯伏幸太”を宣言しましたね!本当に本当に覚悟を決めたのですね…

飯伏さんは完璧主義だから、ベルトを持って防衛していく責任とか、巡業のこととか、棚橋さんの思いとか…全て受け止めようとしているのかも知れない。

でもどこかに“緩み”を持っていて欲しい。張りつめた糸はいつか切れてしまうから…。

飯伏さんがこれから魅せようとしている世界に期待をしつつ、心配性甘々ファンは通常運転なのでした😊