Life Goes Golden ☆

棚橋弘至選手のトークイベントに行ってきました!〜文春トークライブ 7月4日 PART2

文春トークライブ 棚橋弘至✖︎水道橋博士✖︎ユリオカ超特Q「 人生で必要な知恵は全てプロレスのリングで学んだ 」レポートPART2。

 

PART1はこちら♪ 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

今回は、トークライブで棚橋さんがお話された内容を中心に書きたいと思います。

実は帰りの満員電車の中で、思い出す限りの内容をスマホにメモったのですが…今見返してみるともっと重要なお話があったような気がする…。

多分、棚橋さんに見とれていて、あまり頭に入ってなかったのかもしれません💦

あと、どこまで書いていいのかな?というのも迷うところ。

とりあえず、実際に話された順番は無視して、思い出した順につらつらと書いてみます。3人が話された言葉と一言一句同じではないと思います。すみません🙏

お話のアウトラインだけでも、ゆるっと伝えられたら嬉しいです♪

 

ユリオカ超特Qさんが新日本プロレスの某選手から聞いたお話。

「 棚橋さんはロックアップした時の、観客から見えない、自分だけに見える顔が疲れてる。」とのこと!

これは面白いこと聞いちゃいました!その選手とはG1で対戦するのでロックアップしたらガン見してしまいそう…ww

 

f:id:jinseiwagolden:20180706142813j:plain

文春トークイベント | ユリオカ超特Qオフィシャルブログ「新・らっしゃい!ブログ」Powered by Ameba

 

•  付き人時代、M選手が身体にペイント( 後藤選手の写経ペイントのようなものだそう )した時、洗っても取れないため、2人きりの部屋で棚橋さんがM選手の背中を爪で引っ掻いて取ったそう😨

ちなみにM選手の付き人のお仕事は、荷物を開けたりするくらいでほとんどなかったそうです。

棚橋さんはM選手と同時にC選手の付き人もしていました。ある日の試合後、2人から同時に飲みに誘われ、C選手のほうを断ったところ、「 一度断ったら次はないぞ!」と言われたとか😱

 

• 理不尽な上下関係について。

棚橋「 僕はないです 」

そういうのは真壁さん以来無い。だから真壁さんは偉い。とのこと。

 

• ユリオカさんのお話。

若手の頃、棚橋さんが電話で

「 何の実績もないのにこんなに推されるってことはかっこいいからじゃないか 」的なことを言っていたと暴露www 

このお話をされた時、棚橋さんは目をこすりながら顔を赤くして照れてました。かわいかったです😆

 

f:id:jinseiwagolden:20180706143115j:plain

棚橋弘至 on Twitter: "本日 #文春トークライブ 。たくさんのご来場ありがとうございました☆ @s_hakase @yurioka_spex_q #らっしゃい… "

 

• 最近の若手はかっこいい。芽を潰さないといけない。かっこいいは棚橋のテリトリー。

と冗談っぽくおっしゃってました!

 

• 何度もペットボトルのフタを落っことして会場爆笑。最後の方はかわいすぎてワザとなんじゃないか?あざと橋なんじゃないかと勘繰る私。

 

• ヤングライオン時、周りに相談せずいきなり黒タイツから赤タイツにした。試合直前に変えたんだそう。

そして、怪我で足が細くなってしまったのを機にロングタイツにしたら、

棚橋「 いいじゃない、と 」

ユリオカ「 誰に言われたんですか?」

棚橋「 自分で… 」

まさかの自画自賛に会場も大爆笑。

 

• さっきから棚橋さんの自己肯定力がすごい!と水道橋博士さん。棚橋さんの執筆本を始め、レスラーの方が書いた本はよく読まれるそう。自己啓発になるというような意味のことをおっしゃっていました。

 

f:id:jinseiwagolden:20180706151034j:plain

ユリオカ超特Q☆12/2 Q展 on Twitter: "文春トークライブ。ご来場ありがとうございましたー。三人トークで あっという間の2時間。博士の知性と分析力、そして棚橋選手のポジティブオーラと継続力はホント見習うべき。
#水道橋博士 #棚橋弘至… "

 

• ユリオカさんによく相談をしていたという棚橋さん。「 声が小さいから大きい声で話した方がいいよ」というアドバイスでこうなったと。

その後ユリオカさんが、お馴染みの棚橋さんのものまねを披露。他にも藤波さんなどのものまねもしてくださり感激😆

 

• G1までに絞るために、今は毎日500カロリーだそうです。

これ、聞き間違いかと思いました。ほとんどプロテインと糖質0g麺しか口にしてないんではないか??😱

 

• 最後の方に、会場のファンからの質問を受け付けてくれました。その中のひとつ。

「 受けるのが苦手な技は?」との質問に、「 受け身の上手い下手が関係ない技、ツームストン系 」などだと。そして「 その使い手がオカダなんですよ。相性最悪 」と冗談っぽくおっしゃってました😅

 

• もう一つ、オカダさんについて、文春さんにちなんだ質問には…

「 スターだなぁ 」と思ったと。

いえいえ棚橋さん、アナタもスターです!そのオーラ✨

 

 

以上、拙い文章ですがトークを振り返ってみました♪ 実際はもっとたくさん、色々なお話が出てました。次があったらまたぜひ行きたいです!

 

 

☆今日のダヴィデ=アポロ

トークライブの日は実家に泊まり、翌日、棚橋選手がサポーターをつとめる「 ミケランジェロと理想の身体 」展を国立西洋美術館に観に行きました!

美しい筋肉が満載でした♡ 平日だったのでゆっくり見れて良かったです。

 

f:id:jinseiwagolden:20180706152418j:plain

 

ポスター無事ゲットーーー!!でーーーっかいです。ほんとに等身大。裏はダヴィデ=アポロさん。お二人とも神々しい✨

 

f:id:jinseiwagolden:20180706153446j:plain

 

ここで余談です。展示品の中に、多分ブロンズで作られた小さな黒い像があったんです。均整の取れた、たくましい身体のその像は「 レスラー 」と名付けられていました。紀元前2世紀から1世紀のものでした。

 私は中邑さんの言葉を思い出しました。

 

「 ー中略ー プロレスがなぜアートなのかというと、どの国にも、どのカルチャーにも、相撲( レスリング ) と音楽と美術はあるんだよねっていうところですよね。」

 引用元 : 中邑真輔 著 「 THE RISING SUN 日が昇る場所へ 」双葉社

 

プロレスって奥が深い!と改めて思った一日でした!

 

 

トークライブの詳細が文春オンラインでアップされました!

前編

bunshun.jp

 

 後編

bunshun.jp

 

棚橋弘至選手の最新記事はこちらからどうぞ♪

jinseiwagolden.hatenablog.jp