Life Goes Golden ☆

次期IWGPヘビー級王座戦はケニー・オメガ vs 飯伏幸太?の違和感。

ケニー、IWGPヘビー級王座防衛おめでとうーー !!🎉🎉👏👏

 

DESTRUCTION in 広島 IWGPヘビー級王座戦、ものすごい試合でした!勝ったケニーももちろん凄かったけど、石井さんも凄かった…。ワールド観戦中、興奮して何度も叫んでしまいました。

試合が終わってもケニーを睨みつける石井さんを見て、なぜか「 ありがとうございます 」と言いたくなった私。命がけで素晴らしい試合を見せてくださってありがとうございます、と。どうか怪我をされていませんように…🙏

 

試合についても書きたいのですが、その前にどうしても気になることを先に書かないと落ち着きません。それは試合後の飯伏さんのこの言葉。

 

「 ケニー、俺らの約束を果たそう。」

 

f:id:jinseiwagolden:20180916134153j:plain

 https://njpwworld.com/p/s_series_00492_1_1

ケニーから飯伏さんに挑戦を促すとも取れるマイクに対して、飯伏さんが返した言葉です。

これを聞いた時私は思わず、

飯伏さん、「 俺ら 」って言ったよね?!と反応してしまいました。KAMINOGE東スポで、「 自分はケニー側でも棚橋さん側でもない 」と言っていたけど、心の中では「 俺ら 」なんだなって。私はこの言葉を聞けただけでスーッと気持ちが楽になりました。

 

そしてもちろんケニーの、

 

「 自分はベストは、イブシ、全てお前のおかげだ 」

 

という言葉。

 

今、書きながらまた泣いてしまいました。死闘後で頭の回らない中、どうしても日本語で飯伏さんとファンに伝えたい、というケニーの思いが伝わって来ました。

 

飯伏さんがケニーに挑戦するかどうかは分からない。でも、もしその場所が10月8日の両国であるならば、2人の意向を反映してはいないんじゃないかと私は思います。

これは私の勝手な妄想ですが、ケニーの理想は飯伏さんG1優勝→ドームメインで飯伏ケニーのIWGPヘビー級王座戦、だったのではないかと。ケニーは、それくらいの価値がある対戦だったと思っているのではないでしょうか。私もそう思います。

なぜ両国なのだろうか?G1で闘ったばかりなのに?

2人は以前から、「 あまり闘いたくはない。闘うなら特別な場所で。」と言っているのに?

ここで敢えてはっきり言ってしまうと、「 新日本プロレスの1年の中で最高の試合、を提供するドームメインのIWGPヘビー級王座戦に、外様2人のストーリーは相応しくない 」 ということではないのかなと。両国のメインならいいですよと。

そういう勢力の中心に、棚橋さんが据えられているんじゃないかなと思います。いつの間にか棚橋さんは、新日本を変えていく方から守る方になっていたんだな…。複雑な気持ちです😥 

 

そう思って見てみると、昨日のケニーマイク、あれは“体制”に対する小さな反抗だったのかなと感じました。

「 イブシ!ワタシに挑戦してこい!」とか、

「 ケニー!そのベルトに挑戦させろ!」

という、ステレオタイプの形にしたくなかったのではないかと思うのです。

 

事実、私はその時ハラハラしていました。とうとう飯伏さんがケニーと対決姿勢を取るんじゃないか、と。

でも飯伏さんは、「 俺らの約束を果たそう 」と言い、ケニーは、「 そうか、約束があったんだね 」と言った…。

ごめんねケニー、私、信じる力が足りなかったよ😢 

私は、これはプロレスだから…とすぐ勘ぐってしまう汚れた心で見ていたのかも知れません😣

 

ケニーはプロレスのリングで愛と友情を表現したい、と言っています。これは相当勇気のいること。特に新日でやるのは並大抵の事ではないし、色々言われる事もあるのではないでしょうか。

ケニーはゴールデン☆ラヴァーズを通じて、従来の新日本プロレスとは違う価値観を提供しようと挑戦している。だからもし、その挑戦が何か大人の事情で阻まれたり、ファンの支持が得られなければ撤退するしかない。ケニーには世界中のプロレスファンがついているから、新日にこだわらなくても充分やっていけるのですから…。

 

そういう中でケニーを支えているのは、飯伏さんへの愛なのかなと。こういう事を言うと、「 だから女のファンは…。俺はGLには付いていけない。」と夫に言われてしまいます。こういう意見がある中でケニーは頑張っている。それが現実なのです。

 

そして飯伏さんは…。飯伏さんはケニー側の気持ちも棚橋さん側の気持ちもわかる。だから色々揺れているのかも知れない…。

プロレスをする事で、「 人に喜んでもらいたい 」という飯伏さん。

これから先、どんな選択をして行くのかはわからないけれど、飯伏さんが納得する形で、飯伏さんのやりたいプロレスを見せて欲しい。

私が唯一して欲しくないのは、飯伏さんが立ち止まってしまう事、それだけです。

 

☆今日の東スポ

この記事を書いた後にネットを見てみたら、東京スポーツ新聞社からこんな記事が上がっていたのに気付きました!

www.tokyo-sports.co.jp

www.tokyo-sports.co.jp

とりあえず年内のイブケニ対決は無くなったのかな?良かった!私はもうしばらく2人の対戦は見たくないし、もしもう一度あるならドームメインで見たいので!

それから岡本さんへ。GLの事であまりハラハラさせないでくださいね🙏

 

 

☆関連記事

jinseiwagolden.hatenablog.jp