Life Goes Golden ☆

ケニーとCodyの試合後バックステージ発言から妄想したこと。10月8日両国国技館

新日本プロレスワールドで、10月8日のIWGPヘビー王座3WAYマッチを見ました。現地でははっきり見えなかった3人の表情も分かったし、技も説得力がありました。ケニーが「 これは俺たちにしか出来ない試合だ 」と言うのも納得でした。

でもやっぱり、試合詳細を書く気になれなかった。そして現地の声援が少ないように感じた訳がなんとなく分かりました。これは THE ELITE のファンであればあるほど応援しにくい闘いなのです。

 

f:id:jinseiwagolden:20181010111024j:plain

https://njpwworld.com/p/s_series_00496_2_1

 

以前は悪かったCodyとも、完全に友達となった飯伏さんとケニー。見ているうちに、どうしてお互い傷付け合っているのか?という疑問が沸いて来てしまいます。

ヒートアップして、技がエグくなればなるほど心が苦しくなっていくというジレンマ。

ケニーが表現したかった新たな試みを理解したつもりでしたが、3人を好きすぎて「 そこまでやらないで…怪我しちゃう…早く終わって… 」みたいな気持ちになってしまいます😔

「 何を言ってるんだ?これはプロレスだよ? 」と言われてしまうかも知れません。

 

でも例えば、CHAOS推しの方であれば、オカダさんとYOSHI-HASHIさんと石井さんでIWGPヘビー王座3WAYマッチがあったらどうでしょう。オカダさんから、2人がベルトを奪うために闘ったら複雑な気持ちになりますよね…。

つくづくどうしてこういうマッチメイクになったのかが謎になってきます。

 

昨日は、生え抜きvs外様の構図で東京ドームメインを盛り上げる為ではないか、と書きました。

それとは別に気になった事がありました。それは、試合後バックステージ動画のケニーとCodyの発言です。

 

f:id:jinseiwagolden:20181010113847j:plain

KING OF PRO-WRESTLING (October 8) - Post-match Interview [9th match] - YouTube

 

 Cody「 ドームでメインに立つのは、ケニー・オメガ。誰もが望むポジションだ。俺たちで彼をサポートするよ。その後…心の準備は出来てるか…2019年は… 

ニックorマット「 まだ誰にも分からない 」

 Cody「 今は何も話せない。」

 

f:id:jinseiwagolden:20181010114959j:plain

 

ケニー「 俺の親友達と新たな歴史を作ったんだ…。俺は彼らが進む道ならどこへでも付いていくつもりだ。

 

うーん🤔 ケニーを信じたいけど、色々疑心暗鬼になってしまう。2019年にALL IN 2をやるという告知ならいいのですが…。Codyはフリーになるようだし、YBとROHの契約更新は年末、ケニーと新日は1月末。

これは書きたくなかったけど、書かずにいられなくなってきました。

 

私の印象ですが、今のケニーが2015年の中邑さんと重なって仕方がない。

中邑さんは2016年1月末に新日を退団するまでの一年間、自分がリスペクトしている(と思われる)、または親交のあるレスラーとのマッチメイクが多かったのです。

 

2015年の中邑さん → イッテンヨンでは「 自分と同じ匂いがする 」と認める飯伏さんとIC戦を闘い防衛。

同期の後藤選手とは、ICベルトのタイトルマッチを3回も行いました。

G1のBブロックでは、同ユニットのオカダ選手とブロック最終戦。決勝で終生のライバル、棚橋さんと当たり敗戦。

年末には同期の田口選手とスペシャシングルマッチ。そして翌年のイッテンヨンでは、黄金カードと言われる中で温存されていたAJ戦でIC防衛。

その後はICベルトを返上。ご存知の通り、AJ、アンダーソン、ギャローズ選手と共にWWEへ…。

 

f:id:jinseiwagolden:20181010121447j:plain

https://njpwworld.com/p/s_series_00372_1_07

壮行試合後の中邑さん。オカダさん泣いてたなぁ…😢

 

 今年のケニー → イッテンヨンでは、同郷のジェリコさんと闘ってUSヘビー戦防衛。ジェイくんにベルトを落とす。

盟友の飯伏さんとの再会、G☆L再結成。ELITE、バレクラの内紛。

そして大阪城ホールで、認め合うライバルのオカダさんから勝利し、IWGPヘビー初戴冠。

実は認める内藤選手、ヒロム選手ともCEOxNJPWでタッグ対戦。

G1では、ケニーと同じアスリートプロレスが出来る選手がBブロックに集まっているように思われました。ブロック最終戦で、6年振りに闘った飯伏さんに敗戦。

IWGPヘビー初防衛は、リスペクトする石井さんから。そして今回の飯伏、Codyとの3WAY。

来年のイッテンヨンは、2016年2月以来ずっと温存されて来た、エース棚橋さんとの闘い…。

 

こうやって並べると、色々納得出来るような気がします…。棚橋さんの言う「 やりたい放題 」の理由が。

不安を煽るような事を書いてすみません。もちろんケニーは「 ソッチ行かない 」と 言ってくれているのだから信じたいです。でも昨日のブログにも書きましたが、新日本に居場所が無いなら撤退するしかないのです。

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

10月8日両国のメイン後に出て来た棚橋さんが、「 ここは新日本だから 」と言った時、大きな拍手と歓声、そして棚橋コールが起こりました。私は悔しくて悲しかった。

ケニーは、自分がこうしていられるのはファンのお陰だと常に言います。

棚橋さんのみならず、新日のファンからも、ああいう反応を返されたのはショックだったのではないかと思います。

 

f:id:jinseiwagolden:20181010130553j:plain

https://njpwworld.com/p/s_series_00496_2_1

 

ただ、万が一、ケニーが去る日が来たとしても、THE ELITE で何かやってくれるのは間違いないと思います。

 

問題は飯伏さんです。もしもELITEが去るなら、飯伏さんも当然誘われているはず。

そして逆に新日は引き留めると思うのです。もしかしたら飯伏さんはまた、2団体所属の時のように板挟みになっているのでは?!

そう考えると、このところの言動にも合点が行くような…。

そして棚橋さんが飯伏さんの事を敢えて言うのも…。

飯伏さんは迷っているのでは…

だとしたらこれは…会社を挟んだ壮大な三角関係ではないですか!!😳

 

すみません。誇大妄想をしてしまいました💦

それだけ今回の3WAYがエモーショナルだったという事でお許しください🙏

特に飯伏さんのダメージが深そうで心配になってしまいます。

 

今朝もこういうツイートが…

😂😂😂

こうなったらもう遠慮せず、どんどん心配させツイートしてください👌

ツイートする事で、少しでも飯伏さんの気持ちが楽になるなら受け止めますっ!

(そもそも心配するもしないもこちらの勝手ですし😅)

Twitterは、飯伏さんの生の感情?がプロレス以外で垣間見れる貴重なツールだと思います。これからも自由につぶやいて欲しいです!

( で、私はイブツイ不安症になってエモブログ書きます!👍😆 )