Life Goes Golden ☆

勝利のカギはヘッドバット!飯伏が後藤を下し第22代NEVER無差別級王者に!12月9日 岩手大会 PART3

後藤洋央紀vs飯伏幸太 NEVER無差別級王座タイトルマッチ PART3、早速行きます♪

 

PART1、2はこちら⬇️

jinseiwagolden.hatenablog.jp

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

https://njpwworld.com/p/s_series_00500_13_1

後藤さんのスリーパーに座り込んでしまう飯伏さん。

 

あー!GTR喰らったら終わっちゃう😣

 

ここで飯伏さん咄嗟の丸め込み!

 

返した後藤さんも逆に飯伏さんを押さえ込む!!

 

更に後藤さんは“後藤式”を繰り出すも、フォールの場面では飯伏さんが返してるという😳実況席もうなる丸め込みの攻防!

 

立ち上がった飯伏さんは後藤さんを担ぎ、やり投げの体勢。

しかし後藤さんはこれを回避。

 

後藤さんの投げで背後に着地した飯伏さんは、

 

身体を反らし…

 

思い切りヘッドバット!😵

後藤さんのお株を奪う、意表を突いた攻撃!

 

痛ってー😖

 

その後、飯伏さんのクロスアームスープレックスを後藤さんが力で阻止。雄叫びを上げる!

 

後藤さんが次の技に行くタイミングで…

飯伏さんがカウンターの膝!

 

そしてまた思いっ切り身体を反って…ということは…

 

後藤さんの喉元に強烈なヘッドバットーー!!

やばいやばい😱

 

そして間髪入れずフィニッシュへ!

カミゴェ決まった👍スリーカウント!!!

 

おめでとう〜〜〜!!!飯伏さんNEVER戴冠🌟🌟🌟

( こんな時でも舌ぺろ😋 )

 

すぐに様子を確認してくれるケニー。とっても優しく飯伏さんの肩にタッチしていたのが印象的でした♡

 

ヘッドバットは柴田さんのこともあるから心配。多用して欲しくはない技。でもそれだけ後藤さんが強敵だった。飯伏さんが普段使わない、後藤さんの得意技を使って倒したのは意外でした。

 

戦前の私の予想は、 “自由なベルトNEVER”を盾に、飯伏さんが後藤さんを自分の世界に引き込もうとする闘いになる、でした。しかし終わってみれば、奇をてらわず、お互いにひとつひとつの技を丁寧に出していた印象。密度の濃い16分53秒でした!

そして、心配された介入、裏切りなどもありませんでした。

実況席でもおっしゃっていたように、起承転結のあるプロレス。いい意味で裏切られました😃

今回飯伏さんは、どちらかというと後藤さんのプロレスに合わせていた印象があります。そうなんです。飯伏さんは両方出来るのです。棚橋さんが体現する新日本の闘いと、ケニーの目指すプロレスと👌

 

※ 2つのイデオロギーの違いを、田口監督が「 月刊69 」の最新号で分かりやすく解説してくれているのでぜひ見てみてください⬇️

youtu.be

 

ベルトを見つめる飯伏さん。

 

やっとやっと…本当に獲ったんだね…😭

 

余韻に浸る間も無くオスプレイ 登場。

 

オスプレイが飯伏さんに挑戦表明🎤

 

却下は…

 

しなーい😆

 

相思相愛だったんだもん、良かった良かった♪

 

目を見開いて飯伏さんの言葉を聞くオスプレイ

 

動画もどうぞ♪

youtu.be

 

“ Give me Ibushi ” が叶ったね😉

 

怪我が完治しますように🙏 東京ドームオープニングマッチ、期待してます👍

 

 

花道でファンサする飯伏さんの後ろから、控え目について行く笑顔のケニー☺️

 

花道を降りてファンとハイタッチしてきた飯伏さんに、駆け寄って手を差し伸べてくれるケニー😆

 

ケニーに手を引っ張ってもらい、ぴょーん!と軽々ステージに上がる飯伏さんに惚れた😍

 

ハグ💙💚

 

 ❤️❤️❤️

 

 

この後のバックステージでのやり取りは必見です!過去ブログにも書きました♪

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

☆飯伏さんNEVER挑戦指名から戴冠までの一部始終はこちらのカテゴリーからどうぞ⬇️

jinseiwagolden.hatenablog.jp