Life Goes Golden ☆

飯伏幸太vsウィル・オスプレイ!壮絶な闘いの結末は…。イッテンヨン東京ドーム大会 PART2

NEVER無差別級タイトルマッチ 飯伏vsオスプレイ!1月4日 東京ドーム大会 オープニングマッチ PART2です。

PART1はこちら♪

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

2人の闘いがヒートアップしていく後半戦。追っていくのが怖いですが、この試合は間違いなく飯伏さんのベストバウトのひとつ。気合いを入れて書きたいと思います!

https://njpwworld.com/p/s_series_00498_5_01

ストームブレーカーをウラカンラナで返した飯伏さんのキレがハンパなかった。早送りかと思いました😳

 

動画⬇️

 いやー、2人ともすごい!

 

飯伏さんはそのままフォールするもオスプレイが切り抜ける。

 

東京ドームでも舌ぺろを忘れないw😋

 

これは!

 

来た!

ボマイェ!!

飯伏さんのボマイェは早いので、画面に収まらない時もあるのですが、この時はカメラアングルも完璧でめちゃくちゃカッコよかったです!私的に東京ドームでこのシーンが見れたことは今回のハイライトでした😆

 

ほんとにいつ見ても良い技だなぁ❤️ 

 

めちゃエグく入ってる😵

 

不敵に笑う飯伏さん。こわっ😱

 

シットダウン式ラストライドも強烈に叩きつける!オスプレイピンチ!

 

ラストライドをキックアウトされこの表情。

 

ん?まさか?

 

フェニックス??😃

 

と思いきや、オスプレイが阻止。

逆にコーナーで逆さ吊りになり飯伏さんのピンチ!

このシーン、現地で見ていた私の周囲では笑い声も起きていたのですが…

 

い、飯伏さんの顔…😨

 

壮絶なしばき合い😖

 

お、オスプレイ…そこにキックはやばい、ヤバいよ…

会場にどよめきが起こり、一気に緊張感が高まって来ました。

 

雪崩式の攻防となり、オスプレイ優位から、

飯伏さん優位へ。これは…

 

出た!フットスタンプ!えっぐ😵

でもさすがの空中姿勢と滞空時間🕊

 

動画もあります♪ ⬇️

 

獲物を狙う美しき飯伏さん🐯

 

オスプレイ をスワンダイブ式ジャーマンでぶっこ抜きます!

なんとオスプレイが着地!!

 

あ!あの第2弾か?!⬇️

 

https://njpwworld.com/p/s_series_00501_3_1

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

と思ったら、

血ーーーー!!!!

 

やばいやばいやばいやばい😣

 

そこへ容赦なくオスプレイコークスクリューキックが!めちゃくちゃエグく入りました😖

 

オスカッターをかわした飯伏さんはダルマ式ジャーマンへ!

激しいスープレックスで飯伏さんも頭打っているような気がする…大丈夫か?!

 

表情にはまだ余裕が見える飯伏さん。出血は激しくはなさそうかな…

 

このラリアット相打ちがすごかった。オスプレイのパワーは本物ですね。首で受けてる飯伏さんが心配😰

 

 いやすごすぎ。

 

手で口を押さえる飯伏さん。まだ大丈夫…

 

そして飯伏さん渾身の

ひとでなしドライバー!!( 公式名になってたw )

 

これは内藤さんにやってる時より強烈に落としたかも知れない😱 オスプレイの頭突き刺さってる😱

 

やたっ!👍

 

これで飯伏さん行ける!と思った私でしたが、

オスプレイの鋭いトラースキックを浴びてしまった飯伏さんは、膝から崩れ落ちてしまいます。

 

オスプレイに背中を見せちゃダメ!来るよ!危ない!!

 

このシーンは載せようか迷ったんですけど、先日のブログで「 目を背けないようになりたい 」と書いたので…。試合翌日のオスプレイのツイートを上げさせてもらいます。

これが飯伏さんが脳震盪を起こしたシーンと言われていますね。会場では、そこまでの怪我を負ったとは思わず、担架が運ばれて来て初めて、事の重大さに気付いた私でした。

それから先はメインイベントまで集中出来ず…。飯伏さんのツイートがなかったら、今も心配しかなかったと思います。

私はオスプレイのこのツイートに、少しの救いを求めていました。もしも飯伏さんが重傷ならば、オスプレイはツイートしないんじゃないか?だから重傷ではないんじゃないか?と。

 

この時点で意識が朦朧としているように見える飯伏さん…

 

ストームブレーカーをくらいスリーカウント。飯伏さんのNEVER初防衛はなりませんでした…

 

改めてワールドで見てみると、最後のストームブレーカーは余りにも無慈悲すぎて辛い気持ちになります。背後からのエルボーも、殺人技と言われても仕方ないと思います。

でも、全てのモヤモヤは、おとといの飯伏さんのツイートで晴れました。

 

これが飯伏さんとオスプレイの生き様なんだと。

東京ドームの熱狂を生み出すために、ファンを熱くさせるために、2人はどれだけの思いを越えてあの場所に立っていたのか…

 

全ては「 いい試合 」をするため。

飯伏さんの無事がわかった今だから言えることではありますが、その場所に立ち会わせてもらった私は本当に幸せ者だと思います。

 

飯伏さん、どうぞしっかり休んで怪我を完治させてください。次の大爆発を首を長くして待っています🍀