Life Goes Golden ☆

復帰する飯伏幸太に入って欲しいユニットは…

飯伏さんのアリオ西新井店でのイベントについて、ファンの方々からSNSにたくさんの喜びの声が寄せられていましたね😃元気そうな飯伏さんの様子が窺えてホッとしました〜♪

 

f:id:jinseiwagolden:20190217153356j:plain

ユリオカ超特Q on Twitter: "アリオ西新井店での 飯伏幸太選手イベントありがとうございました。久々にお会いしていろいろとお話が聞けて私も楽しかったです。にしても幅広い層のお客さんでいっぱいでした。さすがはゴールデンスター。#飯伏幸太… "

赤も似合う飯伏さん♡ユリオカさんが司会されたとのこと。見に行きたかったなぁ。

 

さて今気になっているのは、復帰した飯伏さんがどこのユニット入るのか。

本隊ではないかという声も多そうですね。元の位置に戻るというのが一番無難なのかもしれません。

ただ、飯伏さんは去年からずっと「 自分はケニー側でもないし棚橋さん側でもない 」とおっしゃって来ました。この言葉を尊重するならば、私的には本隊はあり得ないかなと。

たとえケニーがいなくても、これは変わらないのではないかと思います。

 

そこで気になるのはこのツイート。

 「 伝わらなくていいんですよ!」と書いてあったので、あの時は敢えて深く考えなかったのですが、今見ると意味深に感じます。

 

飯伏さんは新ユニットを作るんではないか?

そう感じます。それは私の今の願いでもあります。

 

飯伏さんは昨年末の公式無料インタビューで、後藤さんとのSNSを使ったやり取りについてこうおっしゃっていました。

飯伏 やっぱりボクは常に新しいことをやりたいし、自分が最初に新しいことを率先してやっていきたいという思いがあるんですよ。だから、こういう流れを他の人が新しいパターンとしてやってもいいのかなと思います。

https://sp.njpw.jp/179218

 

飯伏さんが新日本に残ったのは、“新日本で新しいことが出来る” からなのではないだろうか?

実は、年末に発売された雑誌「 ケトル 」のインタビューでも、それを予感させる発言がありました。

飯伏さんは「57年会」について

「 今はまだ集まっただけですけど、これは新しい何かが起こるんじゃないかと感じています。来年にはこのメンバーでチームを組んでいることだってあり得ますからね。」

とおっしゃっていました。

そして、インタビューの終わりには次のような発言もありました。

「 かつてないくらい新日本にいろんなことが起きている中で、僕もみんなが『 え、そうなるの!?』っていう意外なことを起こすと思います。僕自身にとっても、2019年は勝負の年ですからね 」

 引用元 : 太田出版 「 ケトル vol.46 」

 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

この「 意外なことを起こす」というのが本隊に戻ることとは思えないなぁと。

 

去年下半期から、“そろそろ研究の成果を出荷する時期が来たんじゃないか”と発言されている飯伏さん。それがどんな形になるのか?戴冠なのか優勝なのかそれとも…?

私が妄想するのは…

新しいメンバーと一緒に新日本プロレスに旋風を起こして欲しい。そして新日本のトップとして輝いて欲しい。

 

先日の飯伏さんの復帰宣言には相当の覚悟を感じました。3年半ぶりに再会したケニーとのG☆Lをいったん凍結し、ケニーと離れ、進んだのは新日本での新しい道。

それは本当の意味で新日本でトップを獲り、更にプロレスを広めることなのではないかと。飯伏さんなら必ず出来る。そう信じています。

そしてそれには、ゴールデンスターにふさわしい新しいユニットが必要なのではないだろうか…?

そう考えると、今年初めてのワクワク感が湧いて来る私です😆