Life Goes Golden ☆

ケニー・オメガの東スポインタビュー!「 俺は美しいアートを見せたい 」

東スポのケニーのインタビュー読みました!

読んでみての感想は「 ケニーもブレない 」でした😃

「 新日本で今の自分ができることがあまりなかった 」というケニーの言葉に頷かずにはいられないのが悲しい。

私は新日本プロレスファンだけど、インタビューを読んで、ケニーがAEWを選んだのは正解だったと思いました。

f:id:jinseiwagolden:20190223180822j:plain

 ――AEWは資金も莫大と言われている

 ケニー:それは全然関係ない。もう俺もいい大人なんだけど、お金のためにやっていない。自分のプロレスを通じて、見る人の人生を変えたい。うつ病の人がプロレスを見るとうれしくなって自分の問題を忘れられるとか、そういうことの方が重要。お金や自己実現のために戦うレスラーも多いけど、俺は美しいアートを見せたい。

 引用元 : 東京スポWeb ケニー・オメガ独占激白「俺がやりたいのは見る人の人生を変えるプロレス だからAEWなんだ」

 

ケニーの思いは “CHANGE THE WORLD” を掲げてからずっと変わっていないと思います。

 

美しいアートのようなプロレス…去年のCEOではケニーの理想を感じさせるような試合を見せてくれました。選手の美しさが際立つカメラワークや照明、会場の色彩など、ケニーのプロデュース力の高さが感じられました。

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

それから昨年の年内最終戦の4人。まるで一枚の絵画のようでした!美しかった✨

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

ケニーが語る「 他団体との交流 」「 女子の参戦 」「 選手イコール会社 」…そしてケニーにとって最も重要と思われるクリエイティブ権などは、全て今の新日本プロレスには無い物。ケニーがAEWを選んだのは必然だったのだと思いました。

 

多分ケニーはプロレスと同時に、人や物やイベントをプロデュースしたり、副社長として全体のマネージメントなどもやりたいのかなと感じました。それは新日では出来ないでしょう。

それから、ケニーの言う「 政治 」について。新日本プロレスの歴史では、トップ選手を含め色々な選手がそれに翻弄されて来たと言われています…

でも、「 背広組 」とかそういうことは私には分からない。本当には何がどうなのか、いちファンには絶対に分からないと思うし、分からなくていいと思う。

新日本プロレスでもAEWでも他の団体でも、自分が面白いと思ったプロレス、試合、選手を追えばいいだけだと思います。

それが今の私にとっては新日本プロレス。そして飯伏さんです。

 

AEWはまだ始まっていないけど、ケニーのインタビューを読んで、今までにない新しいプロレス形態を見せてくれるのかも知れないと思いました。

業界を良い方向に、選手の待遇が良くなるようなきっかけになってくれたらいいなと期待しています。AEWが成功すれば選択肢が増えるのですから、他団体の選手にとってもプラスだと思います。

もちろんケニーがクリエイトする美しいアート、美しいプロレスにも期待したいです。将来的に新日と提携があれば対抗戦も出来ます😃

ケニーは日本でも見れるような方法を探してくれているということなので楽しみです♪

 

☆飯伏さんへの思い

東スポインタビューでは、最後にケニーの飯伏さんへの思いも語られていました。

「去年の俺はキャリアで最も幸せな1年だったかもしれない。だけど飯伏さんは『足りない』と思っているものがあった。それは自分の結果。まだ次のステージに行く時ではない気がしたんじゃないですか?」と飯伏の決断を尊重した。

 DDT時代から続く2人の物語は、すれ違いの期間も多かった。「やっぱり2人とも幸せでないとダメ。もう俺はファンのために(自分のことに)集中しているし、飯伏さんは必ず結果を出すと思っている。いつまた復活できるかは分からないけど、その時まで俺は応援するしかない。飯伏さんの言葉の本当の意味を一番分かっているのは自分だと思っている」。 

 引用元 :東スポWeb

 

ケニー😭

 

「 やっぱり2人とも幸せでないとダメ。」

 

ケニーは飯伏さんにAEWに来て欲しかったと思う。だけどそれを言わずに、飯伏さんの決断を支持し「 応援するしかない 」「 飯伏さんの言葉の本当の意味を一番分かっているのは自分だと思っている 」と。

ケニー、G☆Lの夢を壊さずにいてくれてありがとう。飯伏さんは絶対に結果を残すよ👍

これからも、ケニーの考える美しいプロレスで魅せて、新天地でも頑張って🕊✨