Life Goes Golden ☆

飯伏幸太のベルトへの思いは “その場しのぎ ”?!内藤哲也が公式インタビューで語った疑念について!

飯伏さんがMSG大会に向けNYに旅立ったようです!

行ってらしゃーーい!!IC王座戴冠なりますように👍✈️😆

今回は「 オールインごめーん 」にはならないと思いますが、飯伏さんにとって移動は鬼門。本当に何もないといいですね🙏

一方、内藤さんは超過密スケジュールをこなしてNYに向かった様子。飯伏さんの相手がコスタリカのマスクマン、エスクエロ選手になる可能性はなくなったようです👌

 

前回記事にも書いた内藤さんのインタビュー後編が興味深くて、もう一度読んでみました。

sp.njpw.jp

飯伏さんとは「 どこかに心のつながりみたいなモノはあるのかもしれない 」とか、「 『 信念がないのが飯伏幸太の魅力 』なのかもしれない 」とか、も〜素直になっちゃいなよ!と突っ込みたくなるのをこらえてしまう♪ 読めば読むほどニヤリと笑いたくなるインタビュー。

内藤さんは飯伏さんとはあまり意見が合わないと言うけど、その割には良く観察してるなぁと感心してしまった私でした😊

 

インタビュー中で内藤さんも言及されていた、いわゆる“危険技”については過去ブログでも書きました⬇️ 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

それからインターコンチのベルトに対する飯伏さんの思い入れにについて、内藤さんから「 あまり信用できない 」「 その場しのぎ 」という主旨の発言がありました。

内藤さんは「 相手の発言や思考をチェックしてこそプロフェッショナル 」という考えだそうですが、飯伏さんが以前からずっとICベルトにこだわりを持っていたのはチェックしていなかったのかな??

それについても過去記事に何度か書かせてもらっています。 

jinseiwagolden.hatenablog.jp

jinseiwagolden.hatenablog.jp

 

内藤さんから見ると、飯伏さんのベルト挑戦へのアピールが物足りなく思えるのかも知れません。でも飯伏さんのモチベーションは、 “そのベルトを持っている人” によっても左右されるんじゃないかなーと私は思っています。

例えば、飯伏さんが中邑さんやAJに挑戦した時を覚えているでしょうか…

f:id:jinseiwagolden:20190404122735j:plain

https://njpwworld.com/p/s_series_00235_1_11

 

「 滾らせる相手、自分じゃ、ダメですか? 」

 

 

youtu.be

 

 

 

f:id:jinseiwagolden:20190404123426j:plain

https://njpwworld.com/p/s_series_00289_4_08

 

「 僕は、AJとやりたい!」

 

 

youtu.be

 

中邑さんやAJに挑戦した飯伏さんは“その場しのぎ”とは言われませんでした。そしてその時、王者はそれぞれのベルトを輝かせていたと思います。

内藤さんはICベルトを大切にしていましたか?IWGPヘビーを得るための道具としてではなくて。挑戦者が本当に欲しいと思えるように光らせていましたか?

内藤さんはベルトを長く持っているけれど、私は内藤さんからICベルトへの愛着を感じたことはほとんどありませんでした。「 えっ!まだ内藤さんが持っていたんだ… 」というのが私の正直な感想です。

つまりそれくらいIC王座の影が薄くなり、ベルト自体の価値が落ちて輝きを失ってしまったんだと思います。

だから私からすれば飯伏さんは、中邑さんゆかりのベルトを救ってくれる“救世主”のようにも見えます。飯伏さんならICベルトさんを大事にしてくれると思うからです。

もし内藤さんがIWGPヘビーに匹敵するくらいの思いをICベルトに対して持っていたら、飯伏さんの挑戦の仕方は全く違ったものになったのではないかと私は思っています。

もちろんこれは全て私の妄想です。内藤さんがインタビューの中で、飯伏さんのベルトへの思いについてちょっとイジワルな発言をしていたので私なりに反論してみました😋

 

でも内藤さん、飯伏さんがこんな風にツイートしたのは多分初めてです。このツイートには痺れました!内藤さんが相手だから、内藤さんがICベルトを持っているから、こういう飯伏さんが引き出されたんですよね😃

今回のタイトルマッチ、私は飯伏さんが不利だと思っています。内藤さんが飯伏さんに3連敗するというのは無いんじゃないかなと思うからです。

そして私は、“飯伏さんがICベルトを獲るかどうか”と同じくらい注目していることがあります。それは、飯伏さんと内藤さんのストーリーがどう続いて行くのか、ということ。

これからの新日本プロレスを引っ張って行くであろう2人。MSGの闘いは、勝っても負けても、飯伏さんと内藤さんの今後を占う重要な一戦になると思っています。