Life Goes Golden ☆

飯伏幸太がICベルトと共に凱旋!久々ライガー選手とのタッグで思い出すあのコメント!4月13日「 Road to レスリングどんたく 」 つくば大会

MSG大会の興奮からちょうど1週間。選手の皆さんは、まだ激闘と遠征の疲れが残ると思いますが、早くも「 Road to レスリングどんたく 」が4月13日つくばで開幕!

飯伏さんがインターコンチのベルトを巻く姿を楽しみにしていた私。この日はライガーさん、YOSHI-HASHIさんと組んで、ザック、タイチ、TAKA組と対戦でした!

 

https://njpwworld.com/p/s_series_00514_1_1

入場ゲートで少し見えました!ベルト巻いてる!😃

 

ん?持ってる?でもとにかくインターコンチのベルトと共に入場!!👍㊗️👏👏

 

ベルトを掲げてちゅー😗

飯伏さん髪色暗くなりましたね!ここまで黒いのは久しぶりかな?

 

f:id:jinseiwagolden:20190415112056j:plain

https://youtu.be/p662GqRaAd0

2月の復帰宣言の時よりも暗く見えますね。新鮮です♪

 

ライガーさんの前に出る飯伏さん。頼もしい♡

IWGPインターコンチネンタル王者としてアナウンスされた時、ライガーさんが拍手してくださってました!👏嬉しいなぁ。

 

来年のドーム大会で引退されるライガーさんと、飯伏さんが久しぶりに組むというので思い出したのがこの試合⬇️

youtu.be

飯伏さん初出場のBOSJでライガーさんに勝った試合です!私はリアルタイムでは見ていなくて残念なんですが、飯伏さんのファンになってから過去試合などを漁っていた頃に見ました😊

飯伏さんが勝ち名乗りを受けながら雄叫びを上げる姿と、ライガーさんのマイクが胸熱なのでぜひ見てみてください。

それから、この試合後のライガーさんのコメントがまたすごく良くて。ちょっと長く引用させてもらっちゃいますが、とてもとても素晴らしいコメントなので読んでみてください。

 

ライガー「(飯伏は)凄いな! ただ、欠点があるんだ。彼はあれだけのことができるから、やっぱりファンの目がそっちに行くけど、じゃあ、グラウンドに入ったらどうかと言ったら、まぁ、 見た通りよ。そこがやっぱりキャリアの差というか、“レスラーとはなんぞや”というところに行くんじゃないかな。だけど、あれだけ脚攻められて、あれだけ 飛んだり、返せるか? 金本が、このトーナメントが始まった時に、『よその団体の人間は絶対に決勝に上げない。新日本が優勝する』って言ってた。俺も異論はなかったよ。だけど、 今日、飯伏とやって『こんなスゲェ選手いるんだったら、団体関係ねぇな。プロレスおもしれぇや』と思ったね。あらためて。まぁ、負け惜しみになるかもしれ んけど、またやりたいね。1回だけじゃなくてね。団体関係なく、奴とぶつかれる場所があればぶつかりたい。こっちが逆にお願いするよ。ミラノを破ったノア の青木。また若い選手、素晴らしい選手がどんどん出て来てるから。俺はキャリア何年だからとか、名前がどうだこうだって関係ねぇんだよ。プロレスが好きな 人間、プロレスを研究している人間、プロレスを極めようとしている人間、これが一番いいよ。そういう意味でも、もう団体関係ないね。

Circuit2009 BEST OF THE SUPER Jr.XⅥ 〜The Hard Luck Soldiers〜 – 京都・KBSホール – 第6試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング

 

今改めて読んでみると泣けて泣けて…。

ライガーさんのコメントの中に「 プロレスを研究している人間 」っていう言葉があるんですもん😭「 団体関係なく 」って…。

今まで私は、ライガーさんは飯伏さんに厳しいところがあるように感じていたけど、それは期待の裏返しだったんだなって。

そしてこんなに期待されていた飯伏さんでも、新日本のヘビー級 “IWGP”の冠が付いたベルトを取るのに10年もかかったのだと思うと…。

でも、ライガーさんのように柔軟な考えのトップの方がいたから、飯伏さんがヘビーのベルトを取れる土壌が新日本に生まれたんですよね!

そんな単純な話じゃない、ピュアだと言われてしまうかも知れませんけどいいんです。何かすごく感動してしまいました。

10年前のコメントの中で、「 グラウンドに入ったらどうかと言ったら、まぁ、見た通りよ。」と言ったライガーさんが引退を表明した今、久しぶりに飯伏さんとのタッグが組まれ、しかも対戦相手はグラウンド技の盟主ザック・セイバーJr. だなんて!

ライガーさんの目には、ザックのグラウンド技を受ける飯伏さんはどう映っているのでしょうか。マスクの中の表情は伺い知れませんが、合格点を出してくれたらいいなぁ…☺️

 

ライガーさんに証明するためにも、4月20日名古屋でのタイトルマッチ、飯伏さんには絶対に勝ってほしい!

 

 

 

 

 

試合は飯伏組が勝ち、白きベルトと共に勝ち名乗りを受けました!

 

しかし、油断した飯伏さんはザックドライバーを受けてしまいます😣

頭から行ったように見えたのでヒヤッとしましたが、

ギリギリ首で受けていたみたい…いやどっちにしてもやばいんですが😨

 

大丈夫かな…と心配しつつ萌える私😍

 

嬉しそうww

ザックはインターコンチのベルトを肩にかけ、ブーイングを受けると「 ナニーナニー?ナニーナニー?? 」と金沢さん風の日本語を披露😋

 

更にベルトを飯伏さんの上に放り投げ「 まだまだまだまだ 」と肩を叩き日本語で挑発😳

 

ライガーさんが飯伏さんをリングから下ろしてくれた😃

 

成田くんと上村くんの肩を借りて退場する飯伏さん。この日のバックステージはノーコメントで心配しましたが、飯伏さんは昨日の高崎大会に出場したので大丈夫だったようです👌

アメリカでの内藤戦を終えてすぐの巡業とタイトルマッチ。どうか怪我などなく無事に終わってくれますように…🙏