Life Goes Golden ☆

飯伏さんと棚橋さんが笑顔で写るのを見て…。微妙な思いに終止符!

こんにちは!久しぶりにこちらのブログに帰って来ました♪
ということは…今回はエモブログを書きます!ご了承ください😅
 
では早速本題へ…
 
 
昨日真壁さんがTwitterで上げてくれた写真、福岡から帰る飛行機の中で本隊に馴染む飯伏さんにホッとしました☺️
 

 

と同時に飯伏さんと棚橋さんの笑顔を見て、これは一度自分の気持ちをまとめないといけないなと思いました。

 
今日はちょっと遡って書きます。あと、いつもの通り妄想多めですので、不快になられたらスルーしてくださいね🙏
 
 
 
私がプロレスを好きになった頃、推しは飯伏さんと棚橋さんでした。それはずっと変わりませんでした。
 
そして去年、飯伏さんがケニーとG☆Lを再結成してから、私はどんどんG☆Lに魅了されて行きました。
その気持ちは、ケニーがIWGPヘビーを戴冠した頃にピークを迎えました。
 
そしてそのままG1に突入。
なんと決勝に残ったのは推しの2人。飯伏さんと棚橋さんでした😣
武道館で決勝を観戦した私は、両方を応援するつもりでした。
けれども、棚橋さんのセコンドに柴田さんが付いた瞬間、私の心は完全に飯伏さんを応援する方に動いてしまったのです。
 
結果は飯伏さんの負けでした…
 
 
優勝した棚橋さんは一夜明け会見で、
 
「 飯伏は本当にレスラーとして、トップ取りたいんだったらケニーと一緒にいたらその先はないなと俺は思う。」
 
と言いました。私はそれを聞いてすごくショックを受けてしまいました。
棚橋さんはG☆Lの敵になってしまった…と思ったのです。
 
 
それもあって、その後の棚橋さんとケニーのイデオロギー闘争では、私はケニーを応援しました。
 
今冷静に考えれば、あの時飯伏さんは、ケニー側でも棚橋さん側でもないと言っていたのだから、私はどちらかを選ぶなんてしなくても良かったんですよね…😥
 
多分、棚橋さんにG☆Lを否定されたショックと、ケニーの飯伏さんに対する“イブシ愛”の深さへの共感が重なってしまったんだと思います。
 
 
でも、現在の飯伏さんの活躍を見れば、棚橋さんが言いたかったことも分かるような気がしています。
 
今は、飯伏さんもケニーもそれぞれが選んだ道で精一杯輝いて欲しいし、2人の約束、“武道館より大きい会場で” をいつか実現出来るといいなと思っています。
飯伏さんが新日で大爆発し、認められ上り詰めれば、その日は必ず来ると信じています。
 
 
 
そして私にとって棚橋さんは、以前のように「カワイイ♡かっこいい♡あざとい♡」という選手ではなくなりました。
 
去年のG1決勝後のNumber逆オファーインタビューで「棚橋さんの中に“猪木”を感じた」と言った飯伏さんのように、畏怖を感じる存在になったのです。
 
多分棚橋さんは私が思うよりずっと、「勝負師」であり、新日を守るためなら捨て身の覚悟で闘う「守護神」のような存在なんだと思う。
 
 
あのイデオロギー闘争がなかったら、ずっと平和でいられたんだろうか?
いや、プロレスは闘いなんだ。色んな感情のせめぎ合いなんだ…
それを新日で最も体現している選手、それが棚橋さんなんだと…
 
「カワイイ♡かっこいい♡あざとい♡」と言えたあの頃に戻れたらな…😞
 
あれこれ考えずに純粋にプロレスを楽しみたいと思いながら出来ない、沼にはまってしまった私です💦
 
 
 
☆お知らせ☆
飯伏さん新日再入団を機に、アメブロの方で新しいブログを作りました。このブログよりライトな記事を書いています。お時間があればのぞいてみてくださいネ♪